スポンサードリンク

GT500クラス

 1月11日(金)、ホンダは東京オートサロンの会場にて2019年スーパーGTの体制発表会を行い、2019年のGT500のラインアップが正式に明らかになった。昨年まで、渡欧してFIA F2に参戦していた牧野任祐が国内レースに復帰するなど2チームで変更があり、これまで同様、5台体制でGT500を戦うことになる。 気になるGT500クラスの参戦体制は、2018年のタイトルを獲得し、2019年よりゼッケン1をつけるTEAM KUNIMITSUの山本尚貴/ジェンソン・バトンのペアが継続。バトンはスーパーGTフル参戦2年目となり、山本尚貴とともに2連覇を目指すことになる。一時期であるがバントは満足して参戦終了する、山本尚貴はこのままF1に行くのではと言われていた。

■スーパーGT 2019 ホンダドライバーラインアップ

カーナンバー
チーム
1
TEAM KUNIMITSU
山本尚貴/ジェンソン・バトン
8
AUTOBACKS RACING TEAM AGURI
野尻智紀/伊沢拓也
16
TEAM MUGEN
武藤英紀/中嶋大祐
17
KEIHIN REAL RACING
塚越広大/ベルトラン・バゲット(移)
64
Modulo Nakajima Racing
ナレイン・カーティケヤン(新)/牧野任祐(復:新)
KEIHIN REAL RACINGは、昨年に引き続き塚越広大を起用するものの、その僚友は昨年までNakajima Racingに所属していたベルトラン・バゲットに。2010年にチャンピオンとなり、長年ホンダを支えてきた小暮卓史、そしてベテランの松浦孝亮はGT500クラスのホンダ陣営から離脱することとなった。牧野任祐は2016年に代役という形でGT500クラスのタイ戦でデビューしており、そのデビューレースで2位に入賞した経験を持つ。

:::詳しくは:::


Honda Racing 2019 キックオフプレゼンテーション


GT300クラス

2019年は『TEAM HONDA』としてひとつでも多くの勝利を目指すことを目標に抱げているホンダは、スーパーGT300クラスでも積極的に参戦する姿勢を見せる。まず2018年シーズン限りでGT500クラスのホンダ陣営を離脱することになった松浦孝亮がTEAM UPGARAGEの18号車に新加入。チームメイトは、昨年もこのチームに所属していた小林崇志となる。小林崇志は2017年シリーズまでGT500クラスでARTAのNSX-GTドライブしていたが、昨シーズンはホンダから離れていたが再びホンダに戻る形になった。GT300クラス参戦2年目を迎えるModulo Drago CORSEの34号車にラインアップ変更はなく、2019年もチーム代表と兼任する形で道上龍がステアリングを握り、チームメイトの大津弘樹とのコンビが継続参戦することになる。

■スーパーGT 2019 ホンダドライバーラインアップ

カーナンバー
チーム
18
TEAM UPGARAGE(車変)
小林崇志(メ復)/松浦孝亮(移)
34
Modulo Drago CORSE
道上龍/大津弘樹
55
AUTOBACKS RACING TEAM AGURI(車変)
高木真一/福住仁嶺(新)
??
CARGUY Racing

 

AUTOBACKS RACING TEAM AGURIの55号車は富士を得意とするBMWのM6で参戦をしたいたがNSX-GT3になる。ショーン・ウォーキンショーが離脱し、高木真一のチームメイトとして福住仁嶺が加入することに。福住は2015年にGT300クラスにスポット参戦をしたことがあるものの、シリーズフル参戦はこれが初めてだ。昨シーズンは2台・2チームでスタートをしたNSX-GT3は今シーズンは4台・4チームになりそうです。

:::詳しくは:::