2018年のスーパーGTは8月5日、富士スピードウェイで第5戦の決勝レースが行われ、スーパーGT500クラスはau TOM’S LC500が優勝。スーパーGT300クラスはARTA BMW M6 GT3がトップチェッカーを受けた。
 GT500クラス…序盤はチームとしていくつかのミスを犯したものの、36号車au TOM’S LC500がガス欠で失った前戦の雪辱を晴らす今季初優勝。2位に同じく1号車が入り、これで平川/キャシディ組がシリーズランキング首位浮上を果たし、スーパーGTとしては初となるトムスのワン・ツーフィニッシュで最高の週末となった。そして最後の3位表彰台には、最終スティントの塚越広大も自己ベストをさらに1分31秒695にまで詰めた17号車が入り、8号車ARTA、100号車RAYBRIGと、NSX-GT勢が3位、4位、5位と続き予選から順位を上げて決勝を終えることが出来た。昨日の練習走行で大クラッシュになったZENTOLC500は終盤はポールスタートのnismoGT-Rと8位争いを行い8位でレースを終えることが出来た。


バトルシーン


GT300クラスはARTA BMW M6 GT3が優勝。2017年の第5戦、そして2018年の第2戦に続いて、富士戦3連覇と圧倒的な強さをみせつけた。GT500が残り20周を切った頃、4番手を走るHOPPY 86の後方に5番手LEON AMGが接近。GT300の153周目、上り勾配の第3セクターではテール・トゥ・ノーズのバトルに発展する。追いかけるLEON AMGの蒲生尚弥はパナソニックコーナーでイン側ラインを取ってHOPPY 86の松井を攻略。 一度交わされた松井は蒲生のスリップに入って、1コーナーで勝負を仕掛けようと試みるが叶わず。LEON AMGの蒲生が4番手に浮上した。 その後は上位陣にバトルはなくレースは終盤へ。レース序盤にトップへ浮上したARTA BMWはピットタイミング以外はポジションを譲らぬ盤石の走りでトップチェッカーを受け、シーズン2勝目を挙げた。またARTA BMWは2017年の第5戦、2018年の第2戦とあわせて富士スピードウェイで3連勝。ドライブした高木は通算20勝目を挙げ、最多優勝記録を更新している。


高速から大クラッシュから復活

トラブルでトップが入れ替わる


チェッカーへGT300クラス

チェッカーへGT500クラス


優勝インタビュー


関連ツイート


関連情報