TEAM UP GARAGE

 22日に体制発表を行ったTEAM UP GARAGE。同チーム4年目となる中山友貴のチームメイトとして昨年ARTAでGT500を戦っていた小林崇志が加入した。ふたりは1987年生まれの同い年で鈴鹿レーシングスクールの同期生だ。

石田 誠監督

ホンダを離れることとなった小林。TEAM UP GARAGEへの加入に対し石田誠監督は、「小林君はめちゃめちゃ速いのはわかっていました。今年シートを探していると聞いて、うちのチームで乗って欲しいと三顧の礼でお願いして、契約にこぎ着けました」とコメント。

「ふたりとも同じようなキャリアでライバル心もある。心配する部分も少しあるけど、ふたりとも大人だし、僕たちチームがいい意味でのライバル心をうまく引き出していきたい。ここ2年間新人の子たちを使っていたのでなかなかコミュニケーションがうまくいかない部分もあったけれど、ふたりはレベルの高いコミュニケーションをしてくれているので、とてもいい感じ」とふたりへの期待を語った。

中山 友貴

中山は、「今年はチームの体制面も少し変わり、小林選手も加入しました。石田監督から話を聞いた時は、すごく楽しみだと思いましたね。レーシングプロジェクトバンドウさんとジョイントしていたプロジェクトから切り替わって、新たにTEAM UP GARAGEとして今年から動き出します。大きく見た目とか変更はないのですが、坂東(正敬)さんが今までレース運営面で助けてくれていた部分もあり、それをUP GARAGEがやっていくということで新たなチャレンジになりますね」 

小林に対しては、「小林選手は2017年もGT500で優勝していますよね。ここ数年、本当にスーパーGTはレベルが上がっていて、ドライバーだけでなく、チームのメンテナンス力やクルマの分析する力など総合的にレベルアップしている。熾烈なGT500クラスの中で優勝するには、本当に速くて強いドライバーじゃないと勝てないですよね」

小林 崇志

長年過ごしたARTAから離れ心機一転で臨む小林も、「理想を言えば、シリーズチャンピオンと鈴鹿10時間の完全制覇がいちばんカッコいいので全力で目指していきたいですね」と目標に掲げる。

 初めて乗るマザーシャシーのトヨタ86に対しては、「ホンダCR-ZやBMW M6で戦っていた時は、ライバル勢のマザーシャシーは正直ズルいなって思っていましたね(笑)。僕の印象としては戦闘力は高いんだろうなと思っています。25号車しか勝っていない状況ですけど、2号車も18号車も上位で戦っていましたし、一発の速さはあると思います。予選では強力なマシンですよね」「決勝に関しては僕がヨコハマタイヤを使うのが初めてなので、どれくらいのロングランの性能があるのかわからないですけど、25号車とかを見ると戦略の幅があると思います。実際乗ってみて、どういうパフォーマンスかを判断して、適切に対処していけば戦闘力は高いと思います」と印象をコメント。


山内とのコンビ4年目に挑む井口卓人「寒い時期の取りこぼし」対策が王座への鍵

2018年もスバルのワークスドライバーとしてスーパーGT300クラスに挑む井口卓人は、悲願のチャンピオン獲得への鍵は「寒い時期の取りこぼし」対策だと明かした。 2017年は駆動系のトランスアクスル化、シャシーバランスの見直しが行われたSUBARU BRZ GT300。ドライバーも結成3年目の井口/山内英輝コンビと盤石の体制で挑んだが、メカトラブルで苦戦。 ベストリザルトは第3戦オートポリスで獲得した2位表彰台となり、ドライバーズランキング、チームランキングともに9位に終わっていた。


2018年シーズンに向けて、チームはエンジンの燃焼室形状やエンジンヘッド内冷却性の見直し、ピストンの軽量化、前後フェンダーやカナード、ドアミラーの新規作成、ブレーキローター径とパッド面積の拡大、サスペンションセッティングの見直しなど、多岐にわたる改良を実施。

その一方で、ドライバーラインアップは井口と山内のコンビを維持。ともに1988年生まれのコンビが、結成4年目の布陣で挑む。

00