2016年のスーパーGT第6戦インターナショナル鈴鹿1000km。スーパーGT500クラスの予選Q2でドラゴ モデューロNSX CONCEPT-GTがチーム初となるポールポジションを獲得した。ドラゴNSX CONCEPT-GTがチーム結成2年目にして嬉しい初ポールポジションを獲得した。2番手にはS Road GT-R、3番手にはカルソニック GT-Rが続いている。

 12分間で行われたQ2。今回も1発勝負の予選アタックに備え、各チームともピットで待機。残り8分を迎えたところで続々とコースインを果たした。 まず最初にタイムを出したのがS Road CRAFTSPORTS GT-Rの本山哲。Q1トップタイムを上回る1分47秒587をマークして、レコードタイムを上回ると、同じニッサン勢のカルソニックIMPUL GT-Rの安田裕信も1分47秒922で2番手に続き、ここでもニッサンGT-R勢が強さをみせつける。

 ライバル陣営が1分48秒台にとどまっていたこともあり、このままS Road GT-Rのポール確定かと思われたが、Q1トップ通過を果たしていたドラゴ NSX CONCEPT-GTが本山のタイムを上回りながら周回してくる。ステアリングを握る武藤英紀は、コース幅を使い切る走りを見せて、本山を0.131秒上回る1分47秒456を記録。コースレコード塗り替えるとともに、トップに浮上した。

また先人を切って17年から投入する新車を発表したレクサス勢は前半セクターで武藤に匹敵するタイムを出していたZENT CERUMO RC Fの立川祐路はスプーン2つ目の出口で痛恨のオーバーラン。シケインでもブレーキングでタイヤスモークを上げ、最終的に8番手に終わってしまった。