8月26日、LEXUS GAZOO RacingとスーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは、スーパーGT第6戦が開催される鈴鹿サーキットで、2017年から投入される新GT500車両『レクサスLC500』を公開した。

スーパーGT500クラスでは、2014年からDTMドイツツーリングカー選手権と車両規定を統一化。17年からは新たに、高まるコーナリング性能を抑制する方向でダウンフォース削減を盛り込んだ新規定を導入する。

そんな新規定導入に向けて、レクサスではベース車両を一新。2012年のデトロイトショーでコンセプトモデルが公開され、2017年春にデビューが予定されているレクサスLC500がベース車両となったのだ。LC500は、「レクサスを新たな章に導くフラッグシップクーペとして誕生したモデルで、美しいデザインや『より鋭く、より優雅に』をキーワードに、すっきりとして奥深い走りの実現を目指した」モデルだ。


私のコメント

現行のRCFではホーム富士で優勝が出来なかったが来季に投入が決まったレクサスLC500がベース車両はSC430やスープラの様にホーム富士で優勝をし最強の日産GT-Rを危機状態まで追い込みかける事ができるマシンになれるのか???