JR西日本は24日、大阪市内を走る「大阪環状線」の新しい車両「323系」の完成を発表。同日午後に製造を担当した東大阪市の「近畿車輛」で報道陣向けの車両公開を行った。今年度中から2018年度までに168両投入され、オレンジ色でおなじみの現在の車両はすべて置き換えられる。

【動画と写真特集】323系の運転席はこんな感じ。外観や車内を動画と拡大写真で紹介

3ドアのロングシート、EB―N形装置を採用をする。同社によると、新型車両は「安全・安心の向上」「機器の信頼性向上」「情報提供の充実」「人に優しい快適な車内空間」の4点をコンセプトに、輸送品質の確保や快適性の向上をはかっていくという。


[写真]323系の運転席

323系の最高運転速度は時速100km。開発にあたり、「安全・安心の向上」「機器の信頼性向上(安定輸送)」「情報提供の充実」「人に優しい快適な車内空間」の4点がコンセプトに定められたという。JR西日本初となる運転士異常時列車停止装置(EB-N形装置)を設置したほか、車両異常挙動検知装置も搭載。衝突安全対策や戸挟み安全対策にも努める。安定輸送のため、運転台計器類、パンタグラフなどの二重系化も図った。

スポンサードリンク

2018年度までに168両投入、オレンジの旧車すべて置き換え

[写真]快適に乗れるように様々な工夫が施された323系の車内

 このほか、無料公衆無線LANサービスや、各車両に車いすやベビーカースペースや混雑車両での出入り口スペース拡大、各車両に8箇所(16画面)にわたり案内ディスプレイといった、同社の車両では初となる設備も充実している。 同線では1日約500本の電車が運行されており、その6割を国鉄時代に製造されたオレンジ色の車両103系や201系が占めているが、今回の323系を2018年度までに168両(8両編成×21本)投入予定で、103系などはすべて置き換えられることになる。