JR九州のななつ星から始まった近年のクルーズトレイン人気になっている中、JR西日本は30日、現在製造中の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の「吹田総合車両所」(大阪府吹田市)への搬入風景を公開した。今回は、瑞風の中間車両2両の搬入作業などが公開され今回の車両は主にツインの部屋がある2号車と9号車だという。今回の搬入は、神戸から同所までJR東海道線を使って運ばれたため、沿線は多くのファンで賑わいをみせた。

通常再生動画

YouTube動画

瑞風は3月に引退した「トワイライトエクスプレス」の伝統を受け継ぎ、2017年春から運行される予定。車体色はトワイライトエクスプレスの伝統を受け継ぎ、瑞風グリーンの車体に金色のエンブレムラインを配したものとなっており、展望デッキと5本のラインからなる流線型の先頭車両には丸目ヘッドライト、往年のボンネット型を連想させる運転室も配置され、懐かしさも演出しているという。