スポンサードリンク

7日、日産は6月のルマン24時間レースで実戦デビューした「Nissan GT-R LM NISMO」によるWEC(世界耐久選手権)への参戦を当面見送り、主に米国での開発テストに集中する旨を発表した。

ニッサンLMP1、WEC参戦を延期。テストに注力(1)

最高峰LMP1クラス参戦車の「Nissan GT-R LM NISMO」を開発し、今季からWECおよびルマン24時間(WEC第3戦)へのワークス参戦を開始した日産/NISMOだが、開幕前にも開発拠点である米国でのテストに専念するためにルマン以前の第1~2戦を欠場した経緯があり、これが今季2度目の参戦延期表明というかたちになる。今季のWECは8月30日決勝の第4戦ニュルブルクリンクから再開されるが、WEC公式サイト上でも日産LMP1陣営のニュル戦欠場が決まった旨が報じられている。更に日産の母国で開催予定の10月11日決勝の日本ラウンド、第6戦富士への参戦も現段階では微妙、どちらかというと欠場の公算が高いと考えるのが妥当だろう。ルマンには3台のGT-R LM NISMOが参戦し、1台がチェッカーを受けこそしたものの完走認定周回数には及ばず、実質的には開発テストの延長的な実戦デビューといった展開に終始したわけだが、リリースによれば「ERS(エネルギー回生システム)の問題によりエンジンパワーのみでの走行だった」とのこと。「(これらの)問題の解決に時間を割く」ことが第4戦以降の実戦参戦見送りの理由で、陣営首脳らは以下のようなコメントで再起に向けてのテスト集中を決意した旨を語っている。


宮谷正一/NISMO代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)

「ファンの方はがっかりされると思いますが、それ以上に私たちもとても残念に思っています。私たちはレーサーであり、競いたい、そして強くありたいのです。よって、厳しい競争が待ち受けるWECで戦えるGT-R LM NISMOを準備するため、テストプログラムの続行を選択しました。最初のハードルであきらめることはありません。この困難を乗り越えたいと思います」