1995年を最後に生産が終了したフランスのスポーツ自動車メーカー『アルピーヌ』だが、親会社の『ルノー』はこのブランドを復活させるプロジェクトをスタートさせている。2012年に発表したコンセプトカー『ルノー・アルピーヌA110-50』(名車A110の50周年と言う意味)はそのプロローグと言えるが、今回はそのプロトタイプ第一号を初めてスクープした。捕らえた車はロータス『エキシージ』をベースに大幅に改良したプロトタイプで、エクステリアのヒントとなるような部分は少ない。ルノーは複数のスポーツモデルを開発しており、ファーストモデルは2人乗りライトウェイトスポーツ『AS1』(ALPINE SPORT 1)と呼ぶと言う。

ルノー アルピーヌ AS1 開発テスト車両ルノー アルピーヌ AS1 開発テスト車両

外装はカモフラージュのためにロータス エキシージの物を装備しているが、前後フェンダー部は幅の広いタイヤを収めるためかワイドとなっている。右ドアのボタンやステッカーからもこのプロトがハイブリッドモデルであることが予想され、1.6リットル4気筒ターボエンジンとゲトラグ製のデュアルクラッチトランスミッションを採用して組み合わせれると噂される。ワールドプレミアは2016年以降が予想されており、ライバルはポルシェやアウディ。