スポンサードリンク

表彰台メーカー勢

第83回ル・マン24時間耐久レースは14日、現地時間15時に長い戦いにチェッカーフラッグが振られた。ポルシェ919ハイブリッドとアウディR18 e-トロン・クワトロのドイツ勢による骨肉の争いは、最終的にほとんど大きなトラブルに見舞われなかったニコ・ヒュルケンベルグ/アール・バンバー/ニック・タンディ組19号車ポルシェが制し、優勝を飾った。 今季のWEC世界耐久選手権は、2年目の参戦でハイブリッドユニットのエネルギー放出量を8MJにアップデートしたポルシェが予選スピードに優り、4MJにアップデートしたアウディ勢が続く構図が展開されていたが、2015年のル・マン24時間も、予選からポルシェの素晴らしい速さが際立つ展開となっていた。
ハイブリッドをアップデートで復帰2年目完全な勝利を手にした。

ただポルシェには決勝でのペースと信頼性に一抹の不安があり、総合力に優れるアウディと、安定したペースを誇るトヨタTS040ハイブリッド勢がポルシェに対してどんな戦いを挑むのかが注目どころと言えた。13日15時にスタートした決勝レースでは、序盤からハイペースで3台のポルシェ919ハイブリッドと、3台のアウディR18 e-トロン・クワトロ勢が激しいポジション争いを展開していった。

骨肉の争いに敗れたアウディ勢・・・来年は6MJにハイブリッドを更新か???

 

表彰台より以下勢

日本車勢は、昨年、レースの半分以上をリードしつつも、クラッシュやマシントラブルで悲願の総合優勝を逃したトヨタにとっては、雪辱を期して臨んだル・マンとなったが、最終的なリザルトは2号車が6位、そして1号車が8位となった。また、WEC第2戦でのクラッシュで脊椎を損傷するも、ル・マンに照準を合わせて手術とリハビリを行い、見事ル・マン参戦を果たした中嶋一貴も「僕たちの1号車はセットアップが決まっており、自分たちなりに満足のいくレースができたと思います。ただ、スピードは足りませんでした」と率直なコメントを残す。

今年は完走したが‥思い通りと反対の結果になったTS040

「ただ、チームの結束力とやる気は非常に強く、レース終了までまったく手を抜くことなく戦いました。この気持ちは重要です。厳しかった今年のル・マンですが、来年に向けての再出発のスタート地点です。もう、やるしかありません」と、その目はすでに2016年のル・マンを見据えている。


 

6月13日〜14日に開催された2015年のル・マン24時間耐久レース。WEC世界耐久選手権のLMP1クラスに今年から参戦しているニッサンは、オリジナルマシンのニッサンGT-R LMニスモで今年のル・マンに挑戦。実戦初投入となったGT-R LMニスモだが、初戦の目標は達成したという。 ニッサンは今季WECに向け、他陣営のコンセプトとは大きく異なるFFレイアウトを採用したLMP1車両、ニッサンGT-R LMニスモを開発。プログラムの遅れによりシリーズの開幕2戦を欠場したものの、ル・マンには3台のマシンを持ち込み、伝統のレースで初の実戦を迎えることになった。

次とこれからに繋げた22号車

ニッサンは、今回のル・マン参戦にあたり、3台のうち1台はフィニッシュまで導くという目標を設定。予選では、同クラスにおける最速タイムの110%を切れなかったとして、3台ともにLMP2クラスの後方からのスタートとなってしまったが、3台揃って決勝に臨んだ。迎えた決勝では、23号車がクラッチのトラブルにより遅れてスタートするも、その後無事コースイン。各マシン、トラブルに見舞われる場面もあるも、開始から10時間ほどで合計100周以上を走行した。他の2台は奇しくもリタイヤに終わるが、最後まで存在を示した22号車については、開始から9時間というところで、ティンクネルのドライブ中に340km/hでコース上の大きなデブリと接触しダメージを負ってしまう。ただ、修復されコースへ復帰した22号車は、最終的に242周をこなし、残念ながら完走扱いとはならなかったものの、24時間を走りきってチェッカーフラッグを受けた。収穫は22号車が最後まで存在を示し最後まで存在を示したおかげてこれからのシリーズ・来年へのデータベース構築に効果があります。