6月の開始は、270メガバイトのダウンロードとして利用できるようになりました新鮮な新しいGT6の更新、バージョン1.19を、もたらします。かなりの時間に一緒に来るために最も魅力的な新しいレースカーの1を含む – それはすべての新しいゲームの特徴を持っていませんが、それは2待望の車を持って来るん。ほとんどのアップデートと同様に、ボンネットの下にいくつかの驚きがありそうです。してください私たちのGT6フォーラムを訪問し、更新を議論し、文書化されていない変更についてチャットします。

スポンサドリンク

プジョービジョンGT

プジョーのデザイナーチームとプジョー スポールのエンジニアチーム。この才気に満ちた集団がひとつとなり、1台のプロトタイプマシンを生み出した。それがプジョー ビジョン グランツーリスモだ。

「グランツーリスモ」シリーズ発売15周年を記念し、「グランツーリスモ」ファンのために作られたこのレーシングカーは、効率を極限まで追求する耐久レース用マシンから多くの知見を得て開発された。奇抜とも思えるマシンのエクステリアには空力的な付加物がほとんどない。マシンを路面に押し付けるダウンフォースは、車高わずか1.04 mという地を這うようなボディ自体が生み出す。あたかも削り出されたひとつの金属塊が空気を操るような佇まいは、他の一切のスポーツカーと一線を画す崇高さを宿している。

 

プジョー ビジョン グランツーリスモはひたすら「走ること」にフォーカスしたマシンだ。ドライバーの背後にミッドマウントされるのは、875 ch(887 PS)という途方もないパワーを生み出す3.2LのV6ターボエンジン。この怒涛のパワーは6速機械式トランスミッションを介して4輪へと伝えられる。ホイールはフロント22インチ、リア23インチというビッグサイズだ。


 

日産GT-R LM NISMO

現在ル・マン24時間レースに向けた車検を兼ねた公式テストに参加中、この日の終盤には、インターミディエイトタイヤを履いて走行したヤン・マーデンボローが好タイムをマーク。4分を切ったのはこの他に1台しかいなかったこともあり、Nissan GT-R LM NISMOが見せた周回ペースにチームも満足を見せました。

ニッサン、テストデーは「学習とデータ集めに専念」(2)

「今日はトップを狙っていたわけではありませんでした。私たちのル・マン初陣に向けての準備として、とにかく学ぶこととデータを集めることに専念していました」と、チーム代表兼テクニカル・ディレクターのベン・ボウルビーは述べました。「一日を終えて、ウェットコンディションでの私たちのタイムはコンペティティブで、午前の走行ではストレートでの総合ベストタイムのトップ2を私たちがマークしました」「フロントエンジン・前輪駆動と、ル・マンで走行するには斬新なマシンを投入するチーム陣は課題が山積みであることは覚悟していましたが、ここでの初日を終えて3台のマシンが無事に走行を終えてガレージに戻り、エンジニアの手元には山のようなデータが集まりました」 日産のチーム陣営は来週もこのル・マンに拠点を構え、日曜日には3台のNissan GT-R LM NISMOが公式車検を迎えます。

先に発表されたように、車も7時GMT / UTCに、6月2日に開始されますGTアカデミー2015用の最終予選ラウンドで使用されます。