山陽電気鉄道は19日、既存車両3000系の代替として、新型車両6000系を導入すると発表した。今年度は3両2編成を新造し、普通運用から2編成を連結をして山陽姫路~阪神梅田間を運行している直通特急運用まで、幅広く対応するという。

山陽電気鉄道は19日、既存車両3000系の代替として、新型車両6000系を導入すると発表した。今年度は3両2編成を新造し、普通運用から2編成を連結した直通特急運用まで、幅広く対応するという。

同社は兵庫県内に本線(西代~山陽姫路間)網干線(飾磨~山陽網干間)の2路線を持ち、阪神電気鉄道と相互直通運転を実施。阪神梅田~山陽姫路間で直通特急が運行される。現在、山陽電気鉄道が所有する車両は3000系列の他に5000系・5030系があり、6000系5030系以来19年ぶりの新型車両となる。

既存車両3000系の代替として、新型車両6000系を導入する。

【6000系の概要】

≪1≫ 構 成 3両編成 ( Mc-T-Mc ) ※6両連結時( Mc-T-Mc + Mc-T-Mc )

≪2≫ 定 員 先頭車: 122名(うち座席 41名) 中間車: 135名(うち座席 49名)

≪3≫ 環境への配慮 ◇省エネ化で既存車両3000系に比べ、電力量を約40%削減 ・電力回生ブレーキの使用範囲を拡大したVVVFインバータ制御装置を採用したほか、前照 灯や室内灯を含むすべての照明装置をLED化して消費電力を削減します。 ・アルミニウム合金車体で、外板無塗装により環境負荷を低減します。 ◇車内外の騒音レベルの低減 ・全閉外扇型誘導電動機の採用により、モータ駆動音を低減します。 ・フラット防止機能付きブレーキシステムにより、ブレーキ時の車輪へのダメージを抑制し、 走行中の騒音を低減するだけでなく、乗り心地の向上も図ります。

日本語・英語・中国語(繁体・簡体)・韓国語の4か国5言語に対応。

 

 

 

 

 

 

環境にも配慮し、VVVFインバータ制御装置の採用、前照灯・室内灯を含むすべての照明装置のLED化により、既存車両3000系との比較で約40%の電力量削減を実現。全車両に車いす・ベビーカースペースを設け、乗換案内などの情報を提供するLCD車内案内表示器(1両あたり3カ所設置)は日本語・英語・中国語(繁体・簡体)・韓国語の4か国5言語に対応。ガラス仕切り板も設置し、開放感のあるクリアでスマートな空間とした。