3月15日、岡山国際サーキットでは前日に引き続いてSUPER GTの公式テストが行われ、GT500ではNo.1 MOTUL AUTECH GT-Rが、GT300ではNo.11 GAINER TANAX SLSがトップタイムをマークした。この日は、朝からドライコンディションに恵まれ、各チームは3週間後の開幕戦に向けてタイヤの選択やマシンのセットアップなどに精を出した。

◎走行1回目 09:00-11:10(09:00-09:10はSC訓練)
 天気/曇り 路面/ドライ
 気温/4℃〜10℃ 路面温度/7℃〜16℃(開始時は4℃/7℃)
◎走行2回目 13:35-15:50(13:35-13:50はスタート練習
 天気/曇り 路面/ドライ
 気温/12℃〜14℃ 路面温度/18℃〜20℃(開始時は14℃/19℃)

昨年のチャンピオンがトップタイムも上位は僅差

 雨の影響が残り、ウェットコンディションで始まった前日とは一転、同じ曇り空の下だがドライコンディションで始まった2日目午前の走行セッション。開始時の気温と路面温度は4℃/7℃。セッションは予定通り午前9時に始まった。実は最初の10分間はセーフティカー訓練が予定されていたが、実際にスピンするクルマが出て、コースインしたセーフティカーで訓練が行われた。
 そして、午前9時10分からは通常の走行セッションとなるが、そこからおよそ30分を経過したところで、No. 19 WedsSport ADVAN RC F(脇阪寿一/関口雄飛)がコースサイドでストップしてしまう。さらに10分ほど経ったところで、今度はNo.12 カルソニック IMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が1コーナーでクラッシュ。アプローチで少し向きを変えたものの、そのままコースとグラベルを突っ切ってスポンジバリアに突っ込んでしまった。幸い、ドライブしていた安田は自分でマシンから降りて無事。マシンのダメージもさほど酷くはなかったが、この場で修復するには足りないパーツもあり、チームはここで公式テストを終えることを決断した。
 この後は大きなアクシデントもなく、各車ともメニューに沿って周回を重ねていく。レクサスとHonda、日産の各陣営で、交互にアタック時間を決めている訳ではないだろうが、RC Fが上位に並ぶタイミングがあったかと思えば、GT-R勢が巻き返して上位を占め、また再びRC Fが逆転するといった展開が続く。トップにこそ立っていないもののNSX CONCEPT-GT勢もトップから僅差で、4〜5番手のポジションをコンスタントにキープしていた。


 

 

2015年スーパーGT岡山国際サーキット合同テスト 独自取材動画


 

スーパーGT岡山公式テスト 3/15 午前タイム(GT500)

天候:曇り 路面:ドライ

Pos.No.Car NameDriverTyreTime
11MOTUL AUTECH GT-R松田次生
R.クインタレッリ
MI1’20”270
236PETRONAS TOM’S RC F伊藤大輔
J.ロシター
BS1’20”281
36ENEOS SUSTINA RC F大嶋和也
国本雄資
BS1’20”501
438ZENT CERUMO RC F立川祐路
石浦宏明
BS1’20”535
515ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT小暮卓史
O.ターベイ
BS1’20”663
624D’station ADVAN GT-R佐々木大樹
L.オルドネス
YH1’20”744
737KeePer TOM’S RC FA.カルダレッリ
平川亮
BS1’20”972
8100RAYBRIG NSX CONCEPT-GT山本尚貴
伊沢拓也
BS1’20”997
964Epson NSX CONCEPT-GT中嶋大祐
B.バゲット
DL1’21”012
1012カルソニック IMPUL GT-R安田裕信
J-P.デ・オリベイラ
BS1’21”055
1139DENSO KOBELCO SARD RC F平手晃平
H.コバライネン
BS1’21”284
128ARTA NSX CONCEPT-GT松浦孝亮
野尻智紀
BS1’21”298
1346S Road MOLA GT-R本山哲
柳田真孝
MI1’21”396
1417KEIHIN NSX CONCEPT-GT塚越広大
武藤英紀
BS1’21”562
1519WedsSport ADVAN RC F脇阪寿一
関口雄飛
YH1’21”690

スーパーGT岡山公式テスト 3/15 午前タイム(GT300)

天候:曇り 路面:ドライ

Pos.No.Car NameDriverTyreTime
111GAINER TANAX SLS平中克幸
B.ビルドハイム
DL1’27”381
221Audi R8 LMS ultraR.ライアン
藤井誠暢
S.オルテリ
YH1’27”473
37Studie BMW Z4J.ミューラー
荒聖治
YH1’27”614
488マネパ ランボ GT3織戸学
平峰一貴
佐藤公哉
YH1’27”697
560SYNTIUM LMcorsa RC F GT3飯田章
吉本大樹
YH1’27”798
677KSF Direction Ferrari 458横溝直輝
峰尾恭輔
YH1’27”840
70グッドスマイル 初音ミク SLS谷口信輝
片岡龍也
YH1’28”025
83B-MAX NDDP GT-R星野一樹
高星明誠
YH1’28”197
910GAINER TANAX GT-RA.クート
千代勝正
富田竜一郎
DL1’28”268
1065LEON SLS黒澤治樹
蒲生尚弥
YH1’28”309
1131TOYOTA PRIUS apr GT嵯峨宏紀
中山雄一
佐々木孝太
BS1’28”368
1261SUBARU BRZ R&D SPORT井口卓人
山内英輝
DL1’28”422
1318UPGARAGE BANDOH 86中山友貴
M.アスマー
YH1’28”457
1433KTR Porsche坂本祐也
山下健太
YH1’28”470
1586Audi Team Racing TechC.マメロウ
細川慎弥
黒田吉隆
YH1’28”672
1655ARTA CR-Z GT高木真一
小林崇志
BS1’28”808
17360RUNUP Group&DOES GT-R田中篤
吉田広樹
YH1’28”836
1887JLOC LAMBO GT3青木孝行
山西康司
YH1’28”920
19111Rn-SPORTS GAINER SLS植田正幸
鶴田和弥
池上真
YH1’28”999
2025VivaC 86 MC土屋武士
松井孝允
YH1’29”051
2122グリーンテック SLS AMG GT3和田久
城内政樹
YH1’29”232
2250Arnage Racing加納政樹
N.パユーング
安岡秀徒
YH1’29”396
2348DIJON Racing GT-R高森博士
田中勝輝
柴田優作
YH1’30”469
245マッハ車検with「いらこん」玉中哲二YH1’31”156