28日、日産自動車/ニスモは神奈川県横浜市の日産グローバル本社ギャラリーで『2015年モータースポーツ活動計画発表会』を開催した。日産系ドライバーが勢揃いし、集まったファンに向けて2015年のスーパーGT連覇を誓った。

2014年シーズンはGT500クラスでMOTUL AUTECH GT-Rがチャンピオンを獲得し、今季はスーパーGT連覇を狙うニッサン/ニスモ。すでに2月12日の時点でモータースポーツ活動計画がプレスリリースで明らかにされているが、今季のドライバーやチーム監督が熱くニッサン/ニスモを応援するファンの前に登場し、今季の意気込みを語るのが毎年恒例のこのイベントだ。

冒頭、挨拶を行ったニスモ宮谷正一社長は「今季は、LMP1の開発を務めるミハエル・クルムに代わって、ルーカス・オルドネスが24号車のステアリングを握りますが、昨年のニッサン勢の体制はベストなものだったと思っています。今年も全車がチャンピオンを狙えると思っています」とGT500の体制についてコメントした。

この日のニッサン/ニスモの活動計画発表会は、今季スーパーGTを戦うドライバーやチーム代表が登場し、今季に向けた意気込みを語るものだが、多くのファンの前に登場したオリベイラの左手には、なんと包帯が巻かれていた。 左手について、イベントの中で行われたトークショーで触れられたオリベイラは、「実は濡れた床で滑って転んでしまったんだ」と親指を骨折していると明かした。手をつこうとして、体重がかかってしまったレーシングドライバーにとって、指の負傷はステアリングを握る上でやはり厳しい。このオフのテストで、オリベイラはドライブすることができず、カルソニックIMPUL GT-Rは安田裕信が開発を担うことになった。