13日、ホンダは東京・青山で2015年の国内モータースポーツ活動発表会を行い、2015年のスーパーGT500クラスの参戦体制を発表した。今季はEpson NAKAJIMA RACINGをのぞく4チームで体制変更があったほか、童夢の活動休止にともなう新チームも明らかにされた。

 迎える2015年シーズンも、ホンダはNSXコンセプト-GTとして5台をスーパーGTに送り込むが、昨年から大きく変更されることになった。唯一カーナンバー以外の体制が不変なのはEpson NAKAJIMA RACING中嶋大祐ベルトラン・バゲットというコンビは不変で、NSX勢の中で唯一ダンロップを装着する。昨年後半戦から調子を上げている同チームだけに、不動のコンビネーションで上位進出を狙う。なお、ゼッケンはひさびさに64に戻ることに。NAKAJIMA RACINGが64をつけるのは、2003年以来となる。

 まず、昨シーズンまでホンダ陣営の一翼を担っていた童夢がスーパーGT活動を休止。代わって、新たに道上龍監督率いる『Drago Modulo Honda Racing』という新チームがスーパーGTに参戦することになった。ゼッケンは15で、ドライバーはチームクニミツから移籍する小暮卓史と、マクラーレンGTのファクトリードライバーを務めていたオリバー・ターベイが加入する。タイヤはブリヂストンだ。 一方チームクニミツには、昨年GP2を戦っていた伊沢拓也と、童夢のエースだった山本尚貴が加わった。伊沢は2013年以来のチーム復帰で、山本は12年以来。ふたりのコンビ復活もその時以来となる。

高橋国光総監督


今季は山本選手、伊沢選手のコンビが復活するということで、すごく喜ばしいことだと思っています。山本選手は以前在籍した3年前と今年と比べると、すごく信頼できるドライバーに成長していますし、伊沢選手も同様だと思います。
ふたりとも今年は結果を出すべく賭けていると思いますし、去年の前半戦は足踏みするところもありましたが、マシンも進化しています。新たな環境の中で選手もマシンも、いい結果を出せると思いますし、ふたりとも心から結果を出したいのだろうと思います。
ファンの皆さんには今年こそ一緒に喜んで欲しいと思っていますし、サポートしていただいているスタンレー電気さんをはじめ、スポンサーの皆さまにもきっちり結果でお返ししなければいけません。
ドライバーもより速い選手に育っていると思いますが、今年さらに育っていってくれればこれ以上嬉しいことはありません。そこがいちばんの望みですね。今のSUPER GTはライバルもすごく強力で、ドライバーも素晴らしいメンバーが揃っています。ただその中でも負ければ悔しいし、何より『負けたくない』という気持ちが強いですね。

山本尚貴選手


ふたたびチームクニミツで走れることになり、非常に嬉しく思います。以前在籍していた3年間で優勝することができなかったので、外で修行してきた成果を活かして、優勝という結果を成し遂げたいと思っています。チームに戻ってきた自分がどこまでやれるのかも楽しみですし、結果を早く残したいですね。
コンビを組む伊沢選手とは、昨年の最終戦でも一緒に走っていますし、ふだんプライベートでも時間をともにしていることが多いので、それが非常に有利に働くと思っています。またふたりで力を合わせて、優勝してチャンピオンを目指したいです。
今年の目標は、タイトルを視野に入れながら最低でも1勝することです。それと同時に、常に上位に居続けて、ポイントを取りこぼさないシーズンにしていきたいですね。何より勝ちたいです。

伊沢拓也選手


2013年以来のチーム復帰ですが、またこのチームに戻って来られたことはすごく嬉しいです。「戻ってくるならここしかないな」と思っていましたから。それに以前在籍していた4年間ではいい時もありましたけど、年間を通した結果を残せている訳ではないので、このチームで獲れるように頑張っていきたいと思います。


スポンサドリンク

ホンダGT500チーム/ドライバー体制

No.TeamDriverTyre

8

ARTA Project松浦孝亮

野尻智紀

BS

15

Drago Modulo Honda Racing小暮卓史

オリバー・ターベイ

BS

17

KEIHIN REAL RACING塚越広大

武藤英紀

BS

64

Epson NAKAJIMA RACING中嶋大祐

ベルトラン・バゲット

DL

100

TEAM KUNIMITSU山本尚貴

伊沢拓也

BS