日産は、2015年にル・マン24時間レースを含めたWEC世界耐久選手権に参戦するLMP1カー『Nissan GT-R LM NISMO』を公開をした。 日産は、米国アメリカンフットボールの第49回スーパーボウルのコマーシャルタイムにル・マン24時間レース参戦車両である「NISSAN GT-R LM NISMO」を発表した。  今年は、「NISSAN GT-R LM NISMO」を発表する


スポンサードリンク

日産の「父親と共に」コマーシャル(www.withdad.com)を初放映する絶好の機会となった。

 事前に推測されていた通り、GT-R LMニスモはフロントにエンジンを搭載。ライバルたちとは一線を画すレイアウトを採用し、外観も非常に特徴的なものとなった。駆動はFFとなっており、3リッターV6直噴ツインターボガソリンエンジンとともに運動エネルギー回生システムを備える。 タイヤ幅も特徴的で、フロントタイヤは310mmとライバルたちと同様となった一方、リヤタイヤは200mmを採用(他陣営はリヤタイヤも310mm)。またタイヤ内径に関しても、フロント/リヤともに他陣営より2インチ小さい16インチとなっている。タイヤメーカーはライバルと同じくミシュランだ。 「どれだけ素早くエネルギーをリリースできるかということがすべてなんだ。ダイナマイトを想像してみてほしい。ごくわずかなエネルギーであっても、瞬時に解放されれば大爆発を引き起こす」とボウルビー。 「重要なことは、エネルギーを貯めて素早くリリースすることだ。システムの競争力を高めることで、ERSから多くのパワーを引き出し、エンジンのパワーに加えることができる」 また、LMP1クラスでは、1周あたりに使用することのできる電気エネルギーの量を2MJ/4MJ/6MJ/8MJの4段階から選択することができる(数値はル・マンでのもの)。高い数値を選べば、電気エネルギーでより多くのアシストをすることができるが、その分システムの重量もかさんでしまう。ボウルビーによると、ニッサンは最大値となる8MJを目標としているのだという。


「メガジュールの値が高いほど速く走ることができる」とボウルビー。

ル・マンを含む全8戦の世界選手権として開催されているWECでのLMP1クラスには現在、トヨタ、アウディ、ポルシェの3社がすでに参戦しており、今年はニッサンを加えた4メーカーで総合優勝が争われることになる。  このLMP1クラスでは、メーカーチームにハイブリッドシステムの搭載を義務付ける一方で、エンジンやハイブリッドシステムに関する自由度は高い。ニスモの宮谷正一社長は「これこそがいままでになかったワクワクと言えます」と語る。「持続可能であること私たちの最重要項目であり、ル・マンの技術規定はその点において新しいアイデアを追求する自由度があります。


ル・マン24時間における我々の最高記録は総合3位であり、まだやり残した仕事が残っています」と宮谷社長。


LMP1プロジェクト ニッサン加入のジェネ選手のコメント,,,,


 現在40歳のジェネは、2009年にプジョー908HDi FAPでル・マン総合優勝を果たしているほか、2012年からはアウディ陣営に加入。ル・マンでの3台目をドライブするなどLMP1での経験は豊富。またF1でも、2005年からフェラーリでテストドライバーを務めている。

「ニッサンでドライブすることをうれしく思うし、とてもワクワクしている」とチーム加入の喜びを語ったジェネ。 「(プジョーやアウディという)ワークスチームでの僕の経験は、ニッサンにとって必ず役に立つはずだ。僕らが目指すのは、表彰台に上がること、そして最終的にはル・マンでの優勝だよ」と、豊富な経験に裏打ちされた自負ものぞかせる。新たに身を置くチームの環境については「すでに素晴らしいチームとなっている」と評価する。 「最初からチームにはとてもいい雰囲気を感じることができた。メカニックとエンジニアたちはみんなとてもプロフェッショナルだし、多くがル・マンを経験しているんだ」 


「Nissan GT-R LM NISMO」の他のニュース