南海電気鉄道は1月28日、高野山開創1200年記念大法会(4月2日~5月21日)が執り行われるのにあわせ、特別仕様の『特急こうや』を運行すると発表した。3月1日から順次、運行を開始する。『特急こうや』で運用している30000系4両編成2本と31000系4両編成1本を、それぞれ赤・黒・紫をベースとした塗装とし、「赤こうや」(30001号編成)「黒こうや」(31001号編成)「紫こうや」(30003号編成)と名付ける。デザインは4両揃って1枚の絵になるように描かれる。車内は座席に特別デザインのヘッドカバーが取り付けられ、通路は外観に合わせたデザインとなる。

運行開始日は「赤こうや」が3月1日「黒こうや」が3月4日「紫こうや」が3月23日で、2016年2月まで運行される。『特急こうや』として難波~極楽橋間で運用されるが、難波~橋本間の『特急りんかん』で運用する場合もあるという。これに伴い3月1日からは、特別仕様の『特急こうや』がデザインされたマフラータオルが難波駅サービスセンターなどで発売される。発売額は1000円で2000枚限定。