阪急電鉄は3月21日に宝塚線のダイヤ改正を実施し、同日に能勢電鉄(鉄道線)もダイヤ改正を行う。平日朝ラッシュ時間帯の「通勤特急」新設、特急「日生エクスプレス」の所要時間短縮などがおもな内容となる。

能勢電鉄から阪急宝塚線へ直通する特急「日生エクスプレス」は、平日朝ラッシュ時間帯に日生中央発梅田行の列車が7本運転されている。現在は川西能勢口駅で8両編成から10両編成へ増結作業を行う列車が多く、同駅で3分程度停車していたが、ダイヤ改正で増結作業が中止され、全区間8両編成での運転に。駅での停車時間短縮にともない、日生中央~梅田間の所要時間は41~44分となり、速達性向上が図られる。 あわせて平日朝7~8時台に川西能勢口発梅田行の通勤特急を5本(約16分間隔)新設。10両編成で運転され、最後部(宝塚方)の車両に女性専用車両を導入する。通勤特急の途中停車駅は池田駅・石橋駅・豊中駅・十三駅。能勢電鉄も妙見急行(妙見口発川西能勢口行)の時刻を変更し、阪急宝塚線の通勤特急へ連絡するダイヤとなる。 平日夕方のラッシュ時間帯には、梅田駅での混雑緩和を目的に、特急「日生エクスプレス」(日生中央行)は4号線、宝塚線急行は5号線からの発着に変更される。宝塚線ではその他、平日昼間や土休日も一部駅間の所要時間を見直し、速達性向上を図るとしている。