ホンダが北米で展開する高級車ブランドのアキュラは、1月12日に開幕した北米国際自動車ショー 2015で待望の新型「NSX」の市販モデルを発表したばかりだが、さらにホットなバージョンが登場するのではないかという噂が早くも囁かれている。北米国際自動車ショーの会場で、英自動車情報メディア『Auto Express』がNSXの開発責任者テッド・クラウス氏に、将来タイプRが追加される可能性について質問したところ、同氏は「クルマを愛する皆さんは、”赤い”バージョンが見たいのだろうと私は思っています。NSXはいつも”シルバー”が先に発表され、その後にレッドが続きます。いつになったら満足するのか、とよく質問されますが、決して満足することなどありません。今日成し遂げたことは、明日さらに改善できるのですから」と話している。