レクサスが2015年1月13日、デトロイトモーターショー15でワールドプレミアしたレクサス・GS F』。同車の公式映像が、ネット上で公開されている。

レクサス・GS Fは、『レクサス・GS』をベースに開発されたレクサスの高性能車、「Fモデル」。パワートレインは、『レクサス・RC F』と基本的に共通。2UR-GSE型 直噴5.0リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンは、北米仕様の場合、最大出力473ps/7100rpm、最大トルク53.7kgm/4800-5600rpmを発生する。

トランスミッションは、8速「SPDS」。Mポジション時には、最短で0.1秒での変速を可能にする。専用設計のサスペンションは、スポーツ走行時の路面に吸い付くような高い操縦安定性と、一般道での快適な乗り心地を両立する。

1月13日、レクサスは公式サイトを通じて、『レクサス・GS F』の映像を配信。473psのV8パワーを解き放っている。