ホンダの高級車ブランド、アキュラは2015年1月12日、米国で開幕したデトロイトモーターショー15において、『新型NSX』の量産モデルを初公開した。

新型NSXは、新開発の直噴V型6気筒ガソリンエンジンをミッドシップに搭載。これに、エンジンをアシストするモーターと、2個のインホイールモーターを組み合わせた新世代ハイブリッドシステム、「スポーツハイブリッドSH-AWD」を採用する。

トランスミッションは新開発の9速デュアルクラッチ。V6エンジンが後輪を駆動し、前輪左右にインホイールモーターを組み込んだ4WDハイブリッドとなる。

また、直噴V型6気筒ガソリンエンジンは、2個のターボチャージャーで過給。排気量を縮小しながら、パワーを引き出すダウンサイジング・コンセプトが導入される。

 北米では2015年後半から市販がスタートする予定で、アメリカでの販売価格は15万ドル(約1789万円)とされている。2015年からホンダはF1にも復帰するが、NSXはホンダのスポーツイメージを牽引するフラッグシップモデルとなる。今後、市販車販売に合わせ、スーパーGT500クラス車両も『NSXコンセプト-GT』から『NSX-GT』に名称が変更される可能性もあり、クルマ好き、モータースポーツファン待望の市販化と言えそうだ。