IRいしかわ鉄道は5日、車両デザイン決定について発表した。同社保有の車両(521系)5編成に、それぞれ異なるアクセントカラーが採用されるという。同社は北陸新幹線長野~金沢間開業でJR西日本から経営分離される並行在来線のうち、石川県内の区間(北陸本線金沢駅から富山県境まで)を引き継ぎ2015年3月14日に開業予定。保有する車両は2両ユニットの521系5編成で、うち2編成は新車となる。

編成ごとに異なる配色となり「石川の伝統工芸を彩る5つの色」は車体側面のアクセントカラーに採用され、「赤・臙脂(えんじ)系」「黄・黄土(金)系」「緑・草系」「紫・古代紫系」「紺青・藍系」の5色を設定する。※いしてつ愛あーるクラブにご入会いただいた方には、記念にこの車両デザインの缶バッジがもれなくプレゼントされるとのこと。

IRいしかわ鉄道の開業ダイヤは、現行の普通列車の運転本数が維持されるとともに、平日に富山・泊方面から金沢駅へ直通する快速列車が5本設定される予定。現在運行している特急はくたか特急サンダーバードなどの特急列車が廃止となり待避解消により、金沢~富山間直通列車の平均所要時間も1時間以内に短縮される。

 


スポンサードリンク

関連ニュース トピック