スポンサドリンク

23日、2015年の参戦体制を発表し、メルセデスベンツSLS AMG GT3へのマシンスイッチを発表したGOODSMILE RACING & TeamUKYO。毎年のようにタイトルを争うGAINERが使用しているSLSへの変更は、多くのファンにも驚きをもって迎えられた。

2014年のGT300クラスで谷口信輝片岡龍也組がドライバーズチャンピオンを獲得したGSR。チームは23日、チャンピオンを祝いファンとともに“忘年会”をお台場で開催したが、実はそれに先立ち、23日の昼に都内でメディア向けに15年の体制が明らかにされ、驚きの内容が発表されていた。

そして、注目が集まったのは安藝貴範代表の前に置かれた布がかけられた台。「では、2015年のマシンはなんでしょう?」という四択の質問が会場のファン、ニコ生視聴者に向けて出題されたが、チームにとってはおなじみのBMW Z4 GT3がやはり一番人気。会場でも大きな拍手が上がっていた。ちなみに、他の選択肢はレクサスRC F GT3、ニッサンGT-RニスモGT3、そしてSLS。片岡がRC Fのテスターを行っていることからファンの中ではRC Fを使用するのでは? という推測もあったようだが、「Z4で継続だろう」という雰囲気もあったのはたしかだった。安藝社長、そしてドライバーのふたりはSLSへの変更は「勝つため」の選択だと強調する。「同じクルマで真っ向勝負してやっつけたい」と谷口は言う。また、このマシン変更により、GAINERとGSRはタイヤ、チーム力、そしてドライバー力での、まさに“真っ向勝負”となる。