スポンサドリンク

 JR発足後、広島エリアで初となる新型電車227系。山陽本線・呉線で営業運転を開始し、2015年3月14日のダイヤ改正以降、順次投入して運転本数・運転区間が拡大される。

JR西日本の新型電車227系は、ステンレス車体で3ドアクロスシートの直流近郊形電車。車体・車内ともに、厳島神社の大鳥居やもみじ、広島東洋カープなど、広島らしさを感じさせる色である赤色を基調にコーディネートされている。室内灯と車内案内装置にLEDを採用し、バリアフリー対応設備も充実。JR西日本が開発を進める「新保安システム」(車両にデータベースを登録し、従来のATSの機能に加えてさまざまな運転支援機能を実現できるシステム)を搭載したことも特徴に挙げられる。

227系は呉線の「快速安芸路ライナー」を中心に、広島エリアの山陽本線(糸崎~岩国間)・呉線で運行開始。その後も115系などの置換えとして順次投入が進められ、2018年度までに計276両(3両編成64本、2両編成42本)を投入する計画とされている。


安芸路ライナー(あきじらいなー)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)呉線快速列車である。広島駅呉駅の間で快速運転を行う。

全区間で、高速路線バスクレアライン及び広島 – 蒲刈・豊浜・豊線(とびしまライナー)と競合する。

1999年2月7日から愛称が使用されているが、当初は広島支社発行の時刻表にのみ愛称が併記され、全国版の時刻表には併記されなかった。これは通勤ライナーも同様であった。

快速区間は広島駅から呉駅の間だが、快速列車としての呉駅止まりの列車は無く、全列車が広駅まで運転される。 一部、山陽本線岩国駅大野浦駅可部線可部駅と直通運転する列車があるが、基本的に広駅 – 広島駅間の折り返し運転である。

安芸路ライナー

運行事業者西日本旅客鉄道(JR西日本)
列車種別快速列車
運行区間岩国駅可部駅 – )広島駅広駅
経由線区呉線(一部山陽本線可部線直通)
使用車両
(所属区所)
103系113系115系電車
下関総合車両所広島支所)
運行開始日1996年3月16日
備考「安芸路ライナー」の愛称は1999年2月7日使用開始

103系3両編成が使用される列車はワンマン運転を行うが、車内に料金収受設備は無い所謂都市型ワンマン列車である。一方同線で運転される通勤ライナーは4・8両編成で全列車に車掌が乗務する。

行き違い列車を待ち合わせるため、運転停車を行う列車がある。また、途中先行する普通列車を追い越さない。この為、普通列車との所要時間の差は10分程度である。

 


 

000