『大阪環状線改造プロジェクト』進行中!
大阪環状線に新型車両「323系」を投入!
安全性とサービス水準を高めた新しい車両が登場します

スポンサードリンク

JR西日本は2014年12月8日、大阪の中心部を走るJR大阪環状線に新型車両「323系」を導入すると、記者会見で発表した。同線で長年親しまれてきたオレンジを基調とした外観で、「大阪環状線プロジェクト」ロゴマークを先頭・側面にデザインしている。

万が一運転士が意識を失うなどの事態が発生した場合に自動的に列車を停車する装置のシステムを従来車から変更。

挟まれたものを引抜こうとした時にドア中央のゴムの圧力変動を検知し、音声による警報や表示灯で、挟まれていることを車掌・運転士が認識できるように。
また外観デザインでもドアの位置や動作状況がわかるよう、ドア中央やドア上に黄色ラインを配置する。

特に混雑する8号車については、座席数を減らし、乗降ドア周辺のスペースを拡大する。

1 開発コンセプト
323系の開発にあたっては、輸送品質の確保と先進的なサービスによる快適性の向上、大阪環状線のイメージアップを図ります。
安全・安心の向上」「機器の信頼性向上(安定輸送)」「情報提供の充実」「人に優しい快適な車内空間

2 車両仕様
(1)基本仕様
○最高運転速度 時速100キロメートル
○車体構体 ステンレス製車体
○扉数 3枚扉
○腰掛配置 ロングシート

(2)主な特長
主な特長
※注釈 案内情報を日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語で表示します。
※注釈 空気清浄機を一編成で試行設置します。
※注釈 現在の車両との比較についてはこちらをご覧ください。(PDF形式 120キロバイト)

3導入計画

 平成28年度から平成30年度にかけて、計168両を投入予定で、103系・201系の電車をすべて置き換える予定となっている。

 置き換え対象となる既存の「103系」「201系」の在籍車両は184両だが、運用効率が上がるため323系投入数は168両となる。