スポンサードリンク

11月19日、アメリカ・ロサンゼルス自動車ショーの一般開幕に先駆けて、シボレーはシャパラル 2X ビジョン グランツーリスモのフルスケールモデルを公開しました。現代の自動車の枠組みを大きく超えるこのクルマは、この冬に予定されている『グランツーリスモ6』のアップデートで登場。その独創的なドライビングを世界中のプレイヤーにお楽しみいただけるようになります。

モータースポーツを変革するような、型破りなレースカーを生み出してきたシャパラル。アメリカ・テキサスに拠点を置く同社は、シボレーの開発部門と45年以上も前からパートナーシップを組み、後のレーシングカーやロードカーで不可欠となる技術や素材を生み出してきました。複合モノコックシャシーやアルミ製ドライブトレイン、レース用オートマチックトランスミッション、アクティブエアロダイナミクスなどに加えて、そこからはテレメトリーシステムといった革新的な車両データ収集技術も生まれました。シボレーは今でも彼らのレーシングプログラムを使い、新しい技術や素材の開発を行っています。

「シボレー シャパラル 2X ビジョン グランツーリスモ」のエクステリアショット

こうした変革の精神を受け継いだシボレー シャパラル 2X ビジョン グランツーリスモのハイライトは、そのスタイリングとパワートレインです。このクルマのパワートレインとして採用されたのは、前代未聞のレーザー推進システム。車体中心部にマウントされたレーザービームユニットから、光のビームパルスが、それを収束するシュラウド(覆い)に向けて発射され、そこで発生する衝撃波が、この極めて軽いレースカーに巨大な推進力を生み出すのです。リチウムイオンバッテリーを用いた671kWレーザーと空気パワージェネレーターによって、同車は384km/h(240mph)のトップスピードを誇り、0-60mph加速を1.5秒でこなします。

この前例のない動力装置は、同じ様に画期的なドライバーの乗車姿勢と不可分の関係にあります。ドライバーは前方に寝そべる姿勢となり、手足を4つのホイールに投げ出すようにしてマシンをドライブするのです。レーザー推進システムとサスペンションユニットはこのドライバーの姿勢に添うようにレイアウトされ、ドライバー自身が行う未来的なアクティブな空力制御も可能としています。

シボレー シャパラル 2X ビジョン グランツーリスモ

フランク・ソーセド氏はこう述べています。「このクルマは、デザイナーやテストエンジニアからあらゆる制約を取り払い、『かつてない爽快なドライビング体験を実現する』という課題に取り組んだ結果生まれました。数十年前のオリジナル・シャパラルのように、2Xは現在もっとも先鋭的とされる航空宇宙工学を援用し、驚異的なパフォーマンスを実現しています。大空を滑空するウイングスーツとレーシングカーを統合したと思ってください。ウイングスーツの手足の間の幕を操るように、ドライバーはこのクルマの空力をコントロールします。あらゆる意味でシャパラル2Xは、地上スレスレを飛ぶ『レーシング・ウイングスーツ』なのです」

シボレー シャパラル 2X ビジョン グランツーリスモフルスケールモデルは11月30日まで、ロサンゼルス・コンベンションセンターで開催されるロサンゼルス自動車ショーに展示されます。


https://www.youtube.com/watch?v=ufruRqSaVxk