スーパーGTの2014年最終戦となる第8戦もてぎは16日、53周の決勝レースが行われ、ポールポジションからスタートしたGAINER DIXCEL SLSが優勝を飾るも、3番手スタートのグッドスマイル 初音ミク Z4が3位表彰台を獲得。同ポイントながら、谷口信輝/片岡龍也組がチャンピオンを獲得した。


一時後退をする事なるが…挽回をして3位奪還して更にタイトル奪還

 いよいよ迎えた2014年のスーパーGT最終戦。タイトル争いに大いに注目が集まるこのレースを見届けようと、快晴の下ツインリンクもてぎに詰めかけた多くのファンが見守る中、13時に栃木県警の白バイ、パトカー2台が先導しパレードラップがスタート。気温16度、路面温度23度という状況でフォーメーションラップがスタートしていった。

 GT300クラスは、ポールポジションスタートのGAINER DIXCEL SLSがホールショット。OGT Panasonic PRIUSが続くが、まだタイヤが冷えているであろう1周目の3コーナーで、ランキング首位の片岡龍也駆るグッドスマイル 初音ミク Z4がプリウスのインへ。タイトルを確かなものとするべく、2番手に浮上していく。ただプリウスはペースが速く、ビヨン・ビルドハイムのGAINERの後方で初音ミクZ4、プリウスのバトルが展開された。

BMW初音ミク号とタイトル争いを繰り広げる

 ポジションを落としたグッドスマイル 初音ミク Z4は、26周を終えるとピットに戻り、片岡龍也から谷口信輝に交代。一方、大きなマージンを築いたGAINER DIXCEL SLSは、28周を終えビルドハイムから平中克幸へ。これでGAINERが首位を守り、一方の初音ミクZ4はチャンピオンの条件である3位以上が必要に。速さをみせるGAINERの10号車、アウディらの動向に注目が集まった。 しかし全車がピット作業を終えると、GAINERの11号車が首位、プリウスが2番手に。初音ミクZ4が3番手という順位となる。ただ、初音ミクZ4の背後につけるAudi R8 LMS ultraがペースが速く、さらにその後方にはGAINERの10号車が。谷口にとって、チャンピオンの条件である3位を守る戦いがチェッカーに向けてスタートしていった。


……


……

……



 

Pos.No.CarDriverTireLapsGridQualify
111GAINER DIXCEL SLS平中克幸/B.ビルドハイムDL5011’47”796
231OGT Panasonic PRIUS新田守男/嵯峨宏紀YH4921’47”977
34

グッドスマイル 初音ミク Z4

谷口信輝/片岡龍也YH493

1’48”500

421Audi R8 LMS ultraR.ライアン/藤井誠暢YH4991’49”091
510GAINER Rn-SPORTS SLS植田正幸/山内英輝DL4981’49”076
665LEON SLS黒澤治樹/蒲生尚弥YH4941’48”562
77Studie BMW Z4J.ミューラー/荒聖治YH49141’49”666
83B-MAX NDDP GT-R星野一樹/L.オルドネスYH4971’48”979
99国立音ノ木坂学院NACポルシェwith DR白坂卓也/坂本祐也YH49121’50”211
1050WAKO’S Exe Aston Martin加納政樹/安岡秀徒YH49151’49”760
1188マネパ ランボルギーニ GT3織戸学/青木孝行YH49171’50”019

 



 スーパーGTの2014年最終戦となる第8戦もてぎは16日、53周の決勝レースが行われ、ポールポジションからスタートした松田次生/ロニー・クインタレッリ組MOTUL AUTECH GT-Rが優勝。逆転で2014年のGT500クラスチャンピオンを獲得した。


 

見事ポールを守り決勝を戦い逆転タイトルを手にした23号車ニスモ

GT500クラスは、ポールポジションのMOTUL AUTECH GT-Rがきっちりとスタートを決め、S Road MOLA GT-Rが2番手に続くが、波乱はその後方で1周目から起きた。4番手スタートで、ランキング首位のPETRONAS TOM’S RC Fと、5番手スタートのカルソニックIMPUL GT-Rが130R出口で接触! カルソニックはS字でコースアウトを喫し、PETRONASはコース上に残ったもののフロントをやや壊し、2周目以降ペースが上がらず。後方からKEIHIN NSX CONCEPT-GTをはじめ、中団グループに詰め寄られる展開となってしまう。

ランキング首位のPETRONAS TOM’S RC Fと、5番手スタートのカルソニックIMPUL GT-Rが130R出口で接触!

 一方で、トップのMOTUL、S Road、そして3番手のウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GTは序盤から後方に大きなマージンを築く。4番手集団はその後も波乱含みで、KEIHINが8周目にPETRONASをパスするも、直後にKEIHINはトラブルが発生。ピットに入ってしまう。

 53周の決勝レースで、注目されたのはピット作業。ドライバー交代は当然全車が行わなければならないが、タイヤ無交換という作戦を採りピット作業時間を縮めるのではないかという推測があったからだ。しかし、ポジションを上げ最初にピットに向かったKeePer TOM’S RC Fは4本交換。その後も序盤の上位陣はいずれも4本交換を行っていった。

 しかし、レース中盤になると上位陣にトラブルが。2番手を争っていたS Road MOLA GT-Rは黄旗中の追越があったとして、10秒のペナルティストップをとられてしまう。また、3番手を走っていたウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GTも、ピットイン時の再始動でストールを喫しタイムロスしてしまった。

 一方でトップのMOTULは大きなマージンを築いていたこともあり、29周を終えピットに向かうとロニー・クインタレッリから松田次生に交代。トップをままコースに戻っていく。

14スーパーGT第8戦もてぎ ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT ホンダのホームで代役の任務をキッチリ遂行した伊沢選手で結果3位死守

KeePerにも逆転チャンピオンの可能性が浮上し始めたが、MOTULが首位のままならばチャンピオンはMOTULのもの。息詰まる終盤戦を迎えたが、その背後で激しい表彰台圏内の戦いを展開したのは、寿一のWedsSport ADVAN RC Fとミハエル・クルムのD’station ADVAN GT-R、そして伊沢拓也のウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT。ベテランの技を駆使した見応えある大バトルを3台で展開した。

トップのMOTULは、そんな争いを後目に完璧なレースで最後まで首位を守り、そのままチェッカー! 見事大逆転で新規定初年度となる2014年のチャンピオンを松田次生/ロニー・クインタレッリが獲得した。松田次生は悲願のGT500初チャンピオンで、マシンを下り思わず涙。クインタレッリは、スーパーGT歴代タイとなる3回目の王座獲得。ニスモのドライバーズチャンピオン獲得は2008年以来となった。


 

……

……

……

……


……


Pos.No.CarDriverTireLapsGridQualify
123

MOTUL AUTECH GT-R

松田次生/R.クインタレッリMI531

1’38”258

237KeePer TOM’S RC F伊藤大輔/A.カルダレッリBS53131’47”512
318ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT山本尚貴/伊沢拓也MI5331’38”881
424D’station ADVAN GT-RM.クルム/佐々木大樹YH53144’23”576
546S Road MOLA GT-R本山哲/柳田真孝MI5321’38”592
619WedsSport ADVAN RC F脇阪寿一/関口雄飛YH5371’39”771
71ZENT CERUMO RC F立川祐路/平手晃平BS5315
8100RAYBRIG NSX CONCEPT-GT小暮卓史/武藤英紀BS5391’39”874