スポンサードリンク

えちごトキめき鉄道(新潟県)は2015年3月14日の開業に合わせ新造ディーゼル車ET122を導入する。11月1日には糸魚川駅構内にて車両見学会も開催する予定だ。

北陸新幹線長野~金沢間開業にともない、JR東日本・JR西日本から経営分離される並行在来線のうち、えちごトキめき鉄道は新潟県内の区間を引き継ぐ。妙高高原~直江津間(現JR信越本線)は「妙高はねうまライン」、市振~直江津間(現JR北陸本線)は「日本海ひすいライン」として、3月14日から営業開始される。

新造ディーゼル車ET122は日本海ひすいラインに導入される車両。製造は新潟トランシスで、JR姫新線のキハ122形をベースに新造された。車体下部には鮮やかなブルーを配し、日本海の波をイメージしたデザインに。「トキてつ」のロゴも車体側面に入った。車内は2列シート+1列シートの配置となり、空間が広く取られている。

新造ディーゼル車ET122

関連記事

えちごトキめき鉄道、キハ122系ベース新造車両を導入・JR東日本E127系譲渡
[2014/3/24]
【コラム】鉄道写真 コレクション2014 第24回 JR西日本キハ122・127系、姫路行の普通列車
[2014/3/25]

[PDF]ET122 – えちごトキめき鉄道株式会社

www.echigo-tokimeki.co.jp/PDF/141010_ET122.pdf