スポンサードリンク

スーパーGT500クラスにウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GTで参戦するウイダー モデューロ 童夢レーシングは、11月15日〜16日に栃木県のツインリンクもてぎで開催されるスーパーGT第8戦について、山本尚貴のパートナーとして伊沢拓也を起用すると発表した。ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GTは今季、ホンダNSXコンセプト-GTのドライバーとして山本とジャン-カール・ベルネイを起用。第4戦もてぎからは、ベルネイに代え電撃的に昨年まで童夢から参戦していたフレデリック・マコウィッキを復帰させ、さっそく第5戦富士で優勝を飾っていた。

14スーパーGT第7戦タイ ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GT

ただ、マコウィッキは今季WEC世界耐久選手権でLM-GTEプロクラスにポルシェ・チーム・マンタイから参戦しており、日程が重なっていたWEC第7戦バーレーンが優先されることになっていた。またベルネイは、同日程のマカオGTカップでベントレー・コンチネンタルGT3をドライブすることが決定しており、ウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GTを誰がドライブするのか注目されていた。

今季初めてスーパーGTに参戦することになった。伊沢は昨年来、ホンダNSXコンセプト-GTの開発を担っており、NSXのドライブについても問題はなさそうだ。

GP2ソチ レース2

今季NSX勢は、前半3レースレギュレーション上の都合で根本的に熱害対策が出来なく、特に春の富士は熱害が強く現れたりして18号車ウィダーモデューロが周回遅れでの最下位完走扱いで貴重な1ポイントを獲得する厳しすぎる結果に…春の富士終了後にオフィシャル、日産、レクサスの協力でレギュレーションが見直されて、菅生から適用になり17号車KEIHINがNSX3代目デビュー初の表彰台3位に次の夏の富士は台風の影響で悪天候の中18号車ウィダーモデューロが3代目デビュー初の優勝(ホンダ勢の富士の優勝は2007年以来)の快挙を成し遂げ、夏の3連戦の最後は長距離で過酷な鈴鹿1000キロで18号車ウィダーモデューロが表彰台3位続いて8号車ARTAが今季最高位の4位で終えて、先日行われたタイラウンドでは8号車ARTAが表彰台争いをするがタイヤが悲鳴を上げ後退し、後半はNSX勢で好調な前半は後退していた18号車ウィダーモデューロが追い上げ5位で終えた。最終戦ホンダのホーム茂木では18号車ウィダーモデューロがランキングトップのペトロナストムスとのポイント差が14ポイントのランキング6位に付けている、タイトル奪還の最低条件は茂木で優勝をし、18号車ウィダーモデューロよりランキング上位がリタイヤ~4ポイント獲得で終わった場合は18号車ウィダーモデューロがタイトル奪還になる!!


 ポイントランキング

順位No.ドライバー第1戦第2戦第3戦第4戦第5戦第6戦第7戦第8戦合計
136ジェームス・ロシター02686252067
237伊藤大輔
アンドレア・カルダレッリ
20681525864
323松田次生
ロニー・クインタレッリ
432001518161
412安田裕信
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
1120112321160
536中嶋一貴086252059
618山本尚貴61432013653
76大嶋和也
国本雄資
15112608244
818フレデリック・マコヴィッキィ32013642

なおタイトルの可能性は18号車ウィダーモデューロの山本尚貴選手までとする。