スポンサードリンク

JR東日本・JR西日本は3日、北陸新幹線長野~金沢間開業に関わる特急料金について、国土交通大臣に認可申請を行った。同区間は2015年3月14日の開業を予定している。

今回、認可申請を行ったのは自由席の特急料金で、北陸新幹線の隣接駅間の自由席をご利用になる場合に適用となる特定特急料金、グリーン料金、グランクラス料金は、本申請に対する認可の後、届出により設定を行う予定」(JR東日本・JR西日本)としている。

北陸新幹線の新型車両W7系グランクラスを備えていてJR西日本管内に乗り入れる。

東京~富山間(営業キロ391.9km)の運賃・料金総額は、普通車自由席利用で1万2,210円、普通車指定席(通常期)利用で1万2,730円、グリーン車利用で1万7,360円、グランクラス利用で2万5,580円。現在、同区間を上越新幹線から特急「はくたか」へ乗り継いだ場合の運賃・料金総額は、普通車指定席(通常期)利用で1万1,190円のため、北陸新幹線開業後は1,540円の値上げとなる。

なお、北陸新幹線長野~金沢間の開業後に運転される4列車のうち、速達タイプの「かがやき」は全車指定席に。「はくたか」「つるぎ」「あさま」は普通車の一部車両が指定席となる。グランクラスに関して、東京~金沢間「かがやき」「はくたか」はアテンダントによる車内サービスを行う。グランクラスを連結する「あさま」と、長野~金沢間で1往復運転される「はくたか」は、アテンダントによる車内サービスは行わない。富山~金沢間「つるぎ」については、グランクラスの営業を行わないとのこと。


2014年10月3日北陸新幹線の運賃・特急料金等について [PDF/43KB](JR東日本)

今回の申請は、北陸新幹線に適用する特急料金の上限について申請するものです。

 ※注釈 各区間の料金などの詳細はこちらをご覧ください。(PDF形式 79キロバイト)

 なお、北陸新幹線の隣接駅間の自由席をご利用になる場合に適用となる特定特急料金、グリーン料金、グランクラス料金の各料金につきましては、本申請に対する認可の後、届出により設定を行う予定です。

 主な区間の特急料金は、東京~金沢駅間6,780円、東京~富山駅間6,250円、長野~金沢駅間4,960円、金沢~富山駅間2,360円です。(大人・普通車指定席・通常期)

 ※注釈 具体的な各区間の運賃・各料金などにつきましてはこちらをご覧ください。(PDF形式 174キロバイト)

 北陸新幹線にかかわる商品についての詳細は、改めてお知らせいたします。