スポンサードリンク

JR西日本は29日、2004年から進めてきた大阪駅改良・開発プロジェクトの一環として、大阪駅南側の広場整備に着手すると発表した。

中でも目玉のひとつは、サウスゲートビルディング2階と梅田新歩道橋をつなぐ歩道橋(デッキ)の整備。これにより、大丸や阪神、阪急が歩道橋でつながることになり、鉄道やバスの利用者の安全性や利便性の向上もはかられるなど、玄関口としてのにぎわい作りにつなげていく。一連の大規模改修工事以降は、阪急梅田から大丸大阪(サウスゲートビル)に行くためには…一度階段などで降りて再度階段などで上がる事をしなと行けない不便な状態であり、特に身体障害者にとっては負担になっておりバリアフリー社会の流れに逆らう環境下であり早急な改善が望まれていて、ようやく計画などがまとまり重い腰を上げる。

[図]大阪駅南広場(東側)連絡部分整備イメージ

これにより、周辺道路の混雑緩和だけでなく、歩行者の安全性も向上、また歩行者の動線をわかりやすい案内設備に改修していく。

 また、大丸梅田店、ホテルグランヴィア大阪などが入るサウスゲートビルディングの2階と、梅田新歩道橋をつなぐ歩道橋(デッキ)の整備もすすめられ、大丸・阪神・阪急の3百貨店が歩道橋でつながることに。歩行者通路の連携により、安全性及び回遊性を向上させるという。

 今月中に同広場の主に西側から工事に着手。来年の春ごろからタクシー乗車場の整備と供用開始。2016年秋ごろから歩道橋の供用が開始される予定。



大阪駅南広場の整備に着手、JR西「大阪駅改良プロジェクト

THE PAGE共有
JR西日本は29日、大阪市北区の大阪駅南広場の整備に着手すると発表した。中でも目玉のひとつは、サウスゲートビルディング2階と梅田新歩道橋をつなぐ歩道橋(デッキ)の整備。これにより、大丸や阪神、阪急が歩道橋でつながることに …

JR大阪駅南広場の整備に着手 – バス・タクシー乗車場を分離

news.mynavi.jp › 旅行鉄道