スポンサードリンク

JR信越本線脇野田駅(新潟県上越市)が10月19日、現在の駅より120m西側へ移転する。あわせて同駅周辺の線路も移設され、北陸新幹線上越妙高駅(2015年3月14日開業)と一体化した新駅舎に生まれ変わる。

image:北陸新幹線開業で上越妙高駅に! 特急しらゆきと接続 - JR脇野田駅が移転へimage:北陸新幹線開業で上越妙高駅に! 特急しらゆきと接続 - JR脇野田駅が移転へ

脇野田駅は1921(大正10)年開業上越市中心部から南に離れた場所に位置する駅だが、同駅付近に北陸新幹線の新駅が設置されることを受け、鉄道ネットワーク強化と乗継ぎ円滑化、新駅周辺の公共施設の有効活用などを目的に、一体化した駅として整備されることに。現在の脇野田駅の駅舎と線路(約1.7km)は移転後、撤去される予定となっている。

 

1

新しい線路は矢代川に架かる鉄橋付近から西へカーブを描き、北陸新幹線の高架線と並行して新駅へ。駅北側の踏切付近から東へカーブして北陸新幹線から離れ、県道との踏切手前で既存線路に合流する。新駅の在来線ホームは1面2線で、新幹線ホームに隣接した橋上駅舎に。10月19日の始発列車から脇野田駅として営業開始し、あわせて駅の出入口となる自由通路(上越市の施設)も暫定的に供用開始される。

 

特急「しらゆき」は信越本線経由で新潟~上越妙高間(一部列車は新潟~新井間)を結ぶ特急列車で、5往復運転される予定。常磐線の特急「フレッシュひたち」などで活躍したE653系をリニューアルして1100番台とし、計16両(4両×4編成)投入するという。投入時期は北陸新幹線金沢開業と同じ2015年3月14日。