スポンサードリンク

2015年からWEC世界耐久選手権のLMP1クラスに参戦するニッサンは、同じく来季からスタートするLMP3クラスにエンジンを供給することを明らかにした。

来季からWEC/ル・マン24時間のLMP1-Hクラスに『ニッサンGT-R LMニスモ』で参戦することを発表しているニッサンは、11年からLMP2クラス用の『VK45DE』エンジンを供給。今季のル・マンでは、LMP2に参戦した17チーム中13チームがニッサンエンジンを採用するなど圧倒的なシェアを誇っている。

ニッサンによると、LMP3を活用することで、グランツーリスモからLMP1までのステップアップが可能になるという。

ニッサンが来季からエンジンを供給することになったLMP3クラスは、ル・マンやWECを目指すチームやドライバー、コンストラクターのための入門カテゴリーとして15年から創設される。供給されるエンジンは、ニスモがチューンした5リッターV8自然吸気の『VK50VE』エンジンだ。

ニッサンは、GTアカデミーウイナーたちのステップアップにもこのLMP3を活用する計画。GT4やGT3車両のレースでスポーツカーレースのキャリアを開始したドライバーたちは、LMP2クラスの前にLMP3を経験する。その後、LMP2で成功を収めた場合は、LMP1にも挑戦することができるという。

 


今年ニスモは創業30年を迎えて新たな30年に向けて国内外で人材育成に力を入れて来年はLMP1に復帰更に次期GT-Rが噂されてい日産はマジで恐ろしい強い