スポンサードリンク

WEC世界耐久選手権第4戦オースティンは現地時間18日、2回のフリープラクティスが行われ、マルセル・ファスラー/アンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ組の2号車アウディR18 e-トロン・クワトロが初日のトップタイムをマークした。

ル・マン24時間から3ヶ月が経ち、ここから11月末までに5戦が控える今季のWEC後半戦の幕開けとなる第4戦オースティンは、今年からスタートしたユナイテッド・スポーツカー・チャンピオンシップ(USCC)との同時開催となっている。

 

ルマン優勝からの良い流れに乗っている 初日のトップタイムをマークした2号車アウディR18 e-トロン・クワトロ

曇り空のもと展開したFP1では、セッション終盤に2号車アウディが1分51秒136のタイムをマークしてこのセッションのトップに。2番手には1分51秒323で1号車アウディが続き、3番手に1分51秒919で20号車ポルシェ919ハイブリッドがつけた。中嶋一貴に代わってマイク・コンウェイが乗り込んでいる7号車トヨタTS040ハイブリッドが4番手、8号車トヨタはセッション終盤にピットレーン出口付近でストップしたものの、5番手でセッションを終えた。

 

ナイトセッションのFP2は、豪雨レベルの雨量でウオータープール状態に…20号車ポルシェ919ハイブリッドが路面に反射して写っている。

ナイトセッションとなったFP2は、大雨と雷によりスタートが1時間ディレイに。ウエットコンディションの中で走行が行われ、8号車トヨタが2分1秒333で首位につけた。1.5秒差の2番手に1号車アウディ、そして3番手に7号車トヨタが続き、4番手に1号車アウディと、トヨタとアウディが交互に並ぶ形に。5番手に20号車ポルシェ、そして14号車ポルシェは8番手となった。

 

この結果、ドライコンディションのFP1で首位をマークした2号車アウディが初日をトップで終える形となっている。