スポンサードリンク

JR西日本は17日、フリーゲージトレインの開発状況について発表した。今年10月から、北陸本線敦賀駅構内で模擬台車による軌間変換試験を開始するという。

軌間変換試験の概要(JR西日本提供)

フリーゲージトレイン(FGT)は異なるレール幅(新幹線1,435mm、在来線1,067mm)を直通運転できるように、軌間変換装置(GCE)を通過することで自動的に車輪の左右間隔を変換できる車両。 今年度中に北陸ルート仕様のフリーゲージトレイン試験車両の設計・製作に着手し、GCE実験線で得られた結果も反映させつつ、2016年度中の走行試験開始を予定している。

フリーゲージトレイン試験車両は6両編成で電気方式は交流25kV(60Hz)・直流1.5kV。走行試験予定線区は北陸新幹線と湖西線・北陸本線とのこと。

 


敦賀以南は、①敦賀~小浜(上中??)~亀岡駅付近~大阪府内は箕面有料道路~新御堂筋を通り新大阪駅に至る「フル規格新幹線」、②湖西線を活用して大津京駅の南にあるトンネルを延伸をして東海道新幹線に乗り入れる「フリーゲージ新幹線」、③北陸本線を活用して田村駅付近から分岐して東海道新幹線いする「フリーゲージ新幹線」の3つ 今回の事業は②と③に対応するために行う。福井駅か敦賀駅でフリーゲージ新幹線に乗り換え???


走行試験のため熊本駅に入線したフリーゲージトレイン(JR九州)