スポンサードリンク

岡山国際サーキットで11日からスタートした、スーパーGT300クラス用のGT300マザーシャシー使用トヨタ86プロトタイプのシェイクダウンテストは12日、2日目の走行が行われ、2回目の走行の最後に1分30秒台のタイムをマーク。着実な手応えを得て実戦前のテストを終えた。

1日目は各部のチェックを行いながら、慎重に走行を重ねたGT300マザーシャシー使用のトヨタ86。2日目も晴天に恵まれ、午前8時から30分間ずつ3回のセッションが行われた。

 

岡山でテスト2日目に臨んだGT300マザーシャシー使用のトヨタ86 2日目で1分30秒台のタイムもマークした。

初期トラブルにより走行1回目では距離が稼げなかったものの、前日、燃圧が上がらないトラブルもあったエンジンも調子を取り戻し、2回目のセッションではロングランも実施。この走行の最後には、1分30秒台のタイムもマークした。今季開幕戦岡山の公式予選でGT300クラスの予選下位に食い込むタイムがシェイクダウンからマークされたこともあり、テストを担ったスタッフにも明るい表情が見られた。



 今後は マザーシャシーのシェイクダウンテストは12日まで行われる予定で、その後タイに空輸され、10月4日〜5日に開催されるスーパーGT第7戦にワイルドカード参戦することになっている。