スーパーGT300クラス向けに、GTアソシエイションが企画・開発したGT300マザーシャシーを使ったトヨタ86。第6戦鈴鹿でお披露目されたマシンが岡山国際サーキットに持ち込まれ、11日にシェイクダウンがスタートした。

近年、スーパーGTでは安価なカスタマー向けレーシングカー、FIA-GT3規定の車両が多く導入されているが、GTAとしては日本のモータースポーツ業界が長年培ってきた技術力を活かし、かつ発展させ『日本のものづくり』を育てていくために、安価な専用モノコックにチームが独自に開発することができるGT300マザーシャシー構想を立ち上げ、トヨタ86をボディとしてプロトタイプを開発。8月末の鈴鹿でお披露目された。

このお披露目時にはまだハーネスが組み付けられておらず、走行できない状態だったが、9月9日に組み付けが完了し、10日夜にシェイクダウンのために岡山国際サーキットに持ち込まれた。

2ラップ走行を2回繰り返した。当然ながらまだ慣らし運転状態ということで、ラップタイムは2分前後となっている。  初ドライブした土屋は「第一印象はとてもいい。乗っていて違和感もないですね。シェイクダウンテストではいかに初期トラブルの洗い出しができるかが重要ですが、予定した周回数の中でそれも順調にできています」と手応えを語った。

 



午前に引き続きステアリングを握った土屋武士は、「今日は最初の走行の時から燃圧が上がらなかったので、全開走行をすることはできませんでした。これは今日すぐに直せるところではなかったので、今夜対策することになっていますので、走り込むのは明日になってからですね」と語った。

「それでも3回の走行であらゆることをセンサリングして、起きたトラブルが何に起因するのかをできる限り洗い出すことができたと思います」

午後の2回目のセッションでは、タイ人ドライバーのナッターウッド・シャロエンスクハワタナもステアリングを握ってフィーリングを確認した。タイで開催されているタイランド・スーパーシリーズのチャンピオンであるナッターウッド・シャロエンスクハワタナも86に乗り込み、フィーリングを確認した。


スポンサードリンク

今後は マザーシャシーのシェイクダウンテストは12日まで行われる予定で、その後タイに空輸され、10月4日〜5日に開催されるスーパーGT第7戦にワイルドカード参戦することになっている。

ドライバーは今回のシェイクダウンに関わったタイ人ドライバーのナッターウッド・シャロエンスクハワタナ&経験豊富な土屋武士になる模様。