創業100周年を祝して、さまざまなイベントを行っているマセラティ。今回は、FIA GT選手権参戦用に「MC12」をベースに開発したレーシングカー「MC12 GT1」の100周年記念モデルが、米バージニア・インターナショナル・レースウェイ(VIR)を走行する映像をご紹介しよう。 この「MC12 GT1 Centenario」と名付けられた特別モデルには、100周年を祝して、特別な塗装が施されている。見た目も素晴らしいが、特にミドシップに搭載されたフェラーリ由来のV12エンジンから、壮大な排気音を発しながらサーキットをラップする姿が、VIRに集まったファンを魅了した。


 過去にはスーパーGT に・・・

MC12 GT1で1番見たかったスーパーGT (GT500クラス)への参戦!! 海外で活躍をしていたMC12 GT1が2006年のスーパーGT (GT500クラス)に向けて開発・テストなどに参加を進めてきたが…今で言うと3メーカー合同テストに参加した結果3メーカーに比べて戦闘力が不足していると思ったのか土壇場で打ち切りに…タラレバだが最初の数戦は苦戦して夏ぐらいから化けて3メーカーが脅威に感じる存在になってチャンピオンになっていた可能性もあったと思う!!

出典:f1-web-gallery.sakura.ne.jp