スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは29日、スーパーGT第6戦の予選日を前日に控えた鈴鹿サーキットで記者会見を開き、GT300クラスに参戦するエントラント向けのGT300マザーシャシー構想の企画を発表。トヨタ86をベースとしたプロトタイプを公開した。

 近年、スーパーGTでは自動車メーカー主導で開発された安価なカスタマー向けレーシングカーFIA-GT3規定の車両が多く導入されており、多くのチームが活用しているが、一方でかつてスーパーGTで一般的だったJAF-GT300規定車両の台数が減少していた。FIA-GT3車両車両自体はリーズナブルだが改良が許されていない車両で、チームの仕事としては完成した車両を走らせるだけに近い状態となっていた。

 そんな中、GTAとしては日本のモータースポーツ業界が長年培ってきた技術力を活かし、かつ発展させ『日本のものづくり』を育てていくために、安価な専用モノコックにチームが独自に開発することができるGT300マザーシャシー構想を立ち上げ、童夢の林みのる元社長が構想していた『ISAKUプロジェクト』に使用予定だったモノコックを活用し、プロトタイプ作りが進められていた。

このシャシーに組み合わされるのは、GTAが今後販売を予定してる4.5リッター自然吸気V8エンジン。また、6速パドルシフト式ミッション、トリプルプレートクラッチ等が組み合わされ、高い安全基準も採用。また、夏場のレースに備えレーシングエアコンシステムも備えている。GTAが販売を行い、FIA-GT3車両と同等のコストを目指していくという。GTAではマザーシャシー使用マシンに関する技術規則や競技規則を整理し、2015年からGT300クラスに参戦できるように体制を整えていく。


追記情報(8月29日14年夜発)…。

AUTOSPORT WEB 元

これは、オートスポーツwebの取材に対しGTA坂東正明代表が答えたもので、このGT300マザーシャシー使用のトヨタ86マザーシャシープロトタイプは、現在は配線の問題でまだ走行することができないものの、9月初旬に岡山国際サーキットでシェイクダウンを行うという。

 スーパーGTでは8月30日〜31日の第6戦鈴鹿を終えた後、各チームがパッキングを行い、10月の第7戦タイに向けて船便でマシン等を送り出すことになるが、このトヨタ86マザーシャシープロトタイプはその後を追いタイに空輸。坂東代表は第7戦タイでレースデビューすることを明かした。

 


 気になるポイントフォト

09年規定の500クラスを思わせるワイドボディーで空力性能が高い

 


 

エンジンルーム内にはV8エンジン(4.5リッター)を搭載しても空間に少し余裕があるように見えることからW型エンジンも搭載可能???
コックピット内部はコンパクトで扱いやすさを意識していると見える。

 


 

リヤの構造は500クラスに昨年まで参戦していたホンダ・HSV-010と同様

 



 今回のプロトタイプ車両を見る限り…09年規定のGT500クラスの空力性能、FIA-GT3の低コストで強い(早い)の良い所を取ったと見える。