スポンサードリンク

JR東日本・JR西日本は27日、北陸新幹線長野~金沢間開業にともなう運行計画の概要について発表した。開業日は2015年3月14日に決定した。


 北陸新幹線の列車名は、「かがやき」「はくたか」「つるぎ」「あさま」に決まっており、各列車の運転本数と停車駅も明らかに。最速達列車の到達時分は、東京~金沢間が2時間28分、東京~富山間が2時間8分とされている。

北陸新幹線の新型車両W7系

「かがやき」は東京~金沢間直通列車(速達タイプ)として10往復運転され、停車駅は東京駅、上野駅(一部通過)、大宮駅、長野駅、富山駅、金沢駅。「はくたか」は東京~金沢間直通列車(停車タイプ)14往復と長野~金沢間直通列車(停車タイプ)1往復が設定され、東京~金沢間直通列車は熊谷駅と本庄早稲田駅を通過、高崎駅・安中榛名駅・軽井沢駅・佐久平駅・上田駅・飯山駅は一部通過とされている。

富山~金沢間運転列車(シャトルタイプ)「つるぎ」は18往復運転。「あさま」は現在と同じ東京~長野間の運転で、16往復が設定され、熊谷駅・本庄早稲田駅・安中榛名駅は一部通過となる。これら4列車に使用される車両はE7系・W7系12両編成で、「あさま」の一部列車はE2系8両編成での運転となる。


在来線の「はくたか」「北越」「くびき野」「妙高」運転取りやめに


北陸新幹線金沢開業を受け、在来線特急・快速列車において、新たに運転開始される列車と運転取りやめとなる列車も発表された。

現在の特急「はくたか」「北越」と快速「くびき野」、快速・普通「妙高」は運転取りやめに。代わって新潟~上越妙高間で特急「しらゆき」が5往復運転され、一部列車は新潟~新井間の運転となる。その他、新潟~新井間で快速列車2往復、新潟~糸魚川間で快速列車1往復が新たに設定される。

E653系1100番台の外観・車内イメージ(JR東日本新潟支社提供)

特急「しらゆき」は信越本線経由で新潟~上越妙高間(一部列車は新潟~新井間)を結ぶ特急列車で、5往復運転される予定。常磐線の「特急フレッシュひたち」などで活躍したE653系をリニューアルして1100番台とし、計16両(4両×4編成)投入するという。投入時期は北陸新幹線金沢開業と同じ2015年3月14日。

E653系1100番台の外観は、列車愛称名「しらゆき」をイメージした新しいデザインとなる。アイボリー系のホワイトをベースに、車体下部に紫紺と朱色の帯を配し、日本海に沈む夕日の海面への映り込みを表現。車体上部にも紫紺の帯を配した。車内の座席数は266席で、暖色系を採用した温かみのある空間に。E7系・W7系の普通座席に使用されるモケットデザインに近いものを採用し、北陸エリアからの車内イメージに連続性を持たせるという。


 JR西日本

 JR東日本