スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションは18日、8月30日〜31日に鈴鹿サーキットで開催されるインターナショナル鈴鹿1000kmのエントリーリストを発表した。

GT300クラスは16台が第3ドライバー登録をしており、注目のドライバーが揃った。


 伝統ある真夏の耐久レース、鈴鹿1000kmは2006年からスーパーGTの一戦として開催されており、年々スプリント然としたハイスピードのレースが展開されている。通常の300kmのレースの3倍以上にあたるレース距離により、毎年さまざまなドラマが起きるレースだ。また、第2戦富士同様第3ドライバー登録が可能となっており、レース距離を鑑み多くのチームが第3ドライバー登録をしている。

 GT500クラスでは通常どおりの15台がエントリーしているが、ここ数年のトレンドどおり第3ドライバー登録をしているチームはない。この鈴鹿は通常レースよりもポイントが多く与えられることから重要なレースと言えるが、多くのマシンがかなりウエイトハンデを積んでおり、ウエイトが軽いチームにとってはいかに上位との差をこのラウンドで詰められるかがポイントだ。GT500クラスの第3ドライバーは、2010年大会でARTA HSV-010で参戦した小林崇志 選手が最後となっている。

前回の富士は台風11号の影響で大雨の荒れたレースで新たなるNSX伝説の重い扉は開かれた。

 なお、GT500クラスでウエイトハンデが50kgを超え、燃料リストリクター規制が加えられているのは6台前戦富士で優勝したウイダー モデューロ NSX CONCEPT-GTはNSX勢の中で初めて燃リスダウンが適用されてからポテンシャルはいかに。 GT300クラスの昨年のチャンピオンカーであるMUGEN CR-Z GTには、昨年限りでGT500クラスのシートを退いた道上龍が乗り込むことになった。道上はすでにテストでCR-Zをドライブしているが、走行はわずかな時間に留まっており、注目の参戦と言える。

第5戦富士 MUGEN CR-Z GT


2014.08.18

第6戦 鈴鹿:エントリーリスト