国土交通省によると、台風12・11号の大雨などによる影響で運転の見合わせが続く鉄道路線は、8月12日8時の時点で4社4線となった。JR北海道の運転見合わせ区間は同日早朝までに全て解消。神戸電鉄三田線も8時30分頃から全区間の運転を再開した。

JR四国の土讃線は、8月11日16時30分から大杉~土佐山田間の運転を再開した残る大歩危(徳島県三好市)~大杉(高知県大豊町)間21.7kmは12日中に復旧作業を完了し、13日の初発から運転を再開する見込み。

土讃線は8月13日の初発から全区間の運転を再開する見込み。写真は阿波池田駅で発車を待つ土讃線の特急列車。

JR東海の名松線は、長期運休中の家城~伊勢奥津間を結ぶ代行バスが8月12日から運転を再開しており、松阪(三重県松阪市)~家城(津市)間25.8kmは13日の初発から運転を再開する予定となっている。

JR東日本の五能線岩館(秋田県八峰町)~深浦(青森県深浦町)間37.8kmは引き続き運転を見合わせる。再開まで1カ月程度はかかる見込みだ。



 

 関連情報リンク