スーパーGT第5戦は9日、富士スピードウェイで公式予選が行われ、途中雨が降り出す中、天候を味方につけKEIHIN NSX CONCEPT-GTがポールポジションを獲得。ホンダNSXコンセプト-GTが今季初PPとなった。GT300クラスはSUBARU BRZ R&D SPORTがポールを獲得している。


 

Q1:GT300クラス

 台風11号が接近する中、天候が危ぶまれる中で迎えたスーパーGT第5戦富士の予選。ただ昼頃にサーッと雨が降ったものの、概ねドライのまま14時からGT300クラスの予選Q1がスタートした。まずは13台が進出できるQ2に向けて、各車がアタックを展開していく。まずはARTA CR-Z GTが1分38秒344というタイムをマークし、これをターゲットとして続々とアタックが展開されていった。

第5戦富士 MUGEN CR-Z GT

 ARTAに対抗していったのは、同じCR-ZのMUGEN CR-Z GT。それにシンティアム・アップル・MP4-12Cが続いていく。最終的にこのトップ3は動かず、GAINER Rn-SPORTS SLSが4番手、OKINAWA MSA・RUN UP GT-Rが5番手となった。
 一方、前戦表彰台のマネパ ランボルギーニ GT3やAudi R8 LMS ultra、またランキング2位のGAINER DIXCEL SLSといったところがQ1ノックアウトを喫している。


 Q2:GT300クラス

第5戦富士 B-MAX NDDP GT-R

10分間のインターバルを経てスタートしたGT300クラスの予選Q2。コースオープンから各車が積極的にアタックを展開していくが、それもそのはず。少しずつコース上の各所で雨が舞い始めたのだ。 残り4分というところで続々とタイムが更新されていくが、ここでトップタイムをマークしたのは佐々木孝太駆るSUBARU BRZ R&D SPORT。次いで中山友貴のMUGEN CR-Z GT、ルーカス・オルドネスがドライブするB-MAX NDDP GT-Rが続く。

PP獲得SUBARU BRZ R&D SPORT

直後新田守男が駆るOGT Panasonic PRIUSが1分38秒414というタイムをマーク! トップに躍り出るが、佐々木駆るBRZが翌周1分38秒414へ! なんとプリウスとBRZがまったくの同タイムとなり、サーキットは大いにどよめいた。

 ただ、佐々木はさらに翌周タイムを刻んでいき、1分38秒256までタイムアップ。これで佐々木&BRZがポールポジションを獲得し、プリウスが2番手に。MUGEN CR-Z GTが3番手、ARTA CR-Z GTが4番手と、JAF-GT300車両がトップ4を占める結果となった。FIA-GT3勢の最上位はB-MAX NDDP GT-Rの5番手となった。