横浜市はこのほど、市営地下鉄1・3号線(ブルーライン)の延伸に向けた調査に本年度から着手すると発表した。

同市交通局が運営するブルーラインは、湘南台(神奈川県藤沢市)~横浜(横浜市西区)~あざみ野(青葉区)間40.4kmを結ぶ地下鉄あざみ野駅からさらに延伸し、すすき野付近を経て小田急線の新百合ヶ丘駅付近(川崎市麻生区)まで延伸する構想がある。横浜市は延伸区間について「広域的な交通利便性の向上が期待され、かつ事業としての採算性が比較的高い」とし、優先度の高い路線と位置づけている。

2000年1月に運輸政策審議会(現在の交通政策審議会)がまとめた東京圏の鉄道整備基本計画(運政審18号答申)では、あざみ野すすき野付近間を「目標年次(2015年)までに開業することが適当である路線」、すすき野付近新百合ヶ丘間を「目標年次までに整備着手することが適当である路線」としていた。

ブルーライン延伸部の想定ルート(青点線)。川崎市内の新百合ヶ丘まで延伸する。

■ 調査の概要

1 今回の調査期間
平成 26 年 8 月~平成 27 年 3 月
2 調査区間
市営地下鉄ブルーラインあざみ野駅~小田急線新百合ヶ丘駅付近
3 調査内容
(1)路線検討
全線の概ねのルート等の検討
(2)現地調査
地質調査・空中写真測量等
①ボーリングにより地盤構成を調査
※横浜市域のみ実施
②空中写真により土地の現況等を調査

横浜市営地下鉄線の全体計画線図

【路線概要】

・横浜市と川崎市の拠点を結び、広域的な首都圏の鉄道ネットワークの一翼を担う路線になる。
東京都心方面と神奈川県央部を結ぶ鉄道路線を短絡し、災害等による輸送障害発生時の代替経路が
確保される。
・川崎市北部・多摩地域と横浜・新横浜を乗り換えなしでつなぐことにより、新幹線駅(新横浜)や
空港(羽田)へのアクセスが向上する。


 

 



相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線 資料図

・ 広域的な交通利便性の向上が期待される路線であり、かつ事業としての採算性が比較的高
いことから、優先度の高い路線とする。
事業中の神奈川東部方面線(相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線)の進ちょく状況など
を踏まえ、事業化に向けて取り組む。
・ 沿線のバスネットワークと合わせた利便性の高い交通体系を構築するとともに、鉄道整備
と合わせた駅周辺のまちづくりを検討する。



PDF]

高速鉄道3号線の延伸(あざみ野~新百合ヶ丘)は、運輸政策 

www.m-kajimura.com/pdf/20140723newsreport_2.pdf