スポンサードリンク

マイナビニュース 鉄道 


任天堂とJR東日本は22日、任天堂の家庭用ゲーム機「Wii U」で電子マネー「Suica」による決済が可能になるサービスを開始した。家庭用ゲーム機で交通系電子マネーによる決済を行うのはこれが初だという。

電子マネー決済サービスは、「Wii U」でソフトを購入する際に使用。「Suica」をゲーム機にタッチするだけで支払いが完了する。Suica」と相互利用サービスを実施している各交通系電子マネーも、「Suica」と同様に使用できる(PiTaPa」は除く)。

ゲーム機にSuicaをタッチさせることで支払いが可能に!!


任天堂株式会社(本社:京都府京都市、取締役社長:岩田 聡、以下:任天堂)と東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:冨田 哲郎、以下:JR 東日本

任天堂の家庭用ゲーム機「Wii U™」で、JR 東日本が発行する電子マネー「Suica」によるお支払いができるサービスを開始いたします。Suica は各交通系電子マネー(*1)と相互利用サービスをしておりますので、各交通系電子マネーの取扱いも可能となります。

これにより、「Wii U」は交通系電子マネーをご利用いただける初めての家庭用ゲーム機となります。また、「Wii U」でのお支払いの際、対象となる Suica をご利用いただくと「Suica ポイント」がたまります。(200 円で 1 ポイント)(*2)
任天堂と JR 東日本は、「Wii U」での決済手段に交通系電子マネーを加えることで、Suica ご利用可能箇所の拡大と更なる利用者の利便性向上を図ります。

(*1)ご利用いただける交通系電子マネーは「Suica」、「PASMO」、「Kitaca」、「TOICA」、「manaca
(マナカ)」、「ICOCA」、「SUGOCA」、「nimoca」、「はやかけん」の 9 種類です。※PiTaPa は除く
(*2)Suica ポイントをためるには Suica ポイントクラブへの会員登録(無料)が必要です。

 

山手線では、コラボラッピング列車が運転される。



[PDF]

Wii U」でSuicaがご利用いただけるようになります – JR東日本