スポンサードリンク

AUTOSPORT 元


 スーパーGTをプロモートするGTアソシエイションの坂東正明代表は、20日行われたGTA定例記者会見の中で、7月19日〜20日に行われたスーパーGT第4戦SUGOからマシンの正常進化、および性能調整(BoP)が変更されたGT500クラスのホンダNSXコンセプト-GTについて、その変更と改良の理由について語った。

ホンダ・NSXは事実上DTMで初のミッドシップとハイブリッドシステムを採用・搭載した。

今季、GT500クラスはDTMドイツツーリングカー選手権と車両規定を統一化。共通モノコックをはじめとした多くの共通パーツを使用したFRレイアウトの新規定を採用しているが、ホンダは市販が予定されているNSXコンセプトをベース車とし、市販車同様のミッドシップレイアウトとハイブリッドを搭載したNSXコンセプト-GTで参戦した。

 坂東代表は、改めて今季の規定の中でNSXコンセプト-GTを採用したことについて、「もともと『ひとつのルールでやろう』と2009年に決めたFR、統一排気量のエンジンで行うという話でやってきた。その中で、今季DTMとコラボレーションするとともに、ホンダさんとの話し合いの中で、ホンダさんの生産ベースの車両というものがミッドシップのハイブリッドだった」と説明した。

第4戦SUGO NSXコンセプト-GTは熱害対策のためリヤウインドウ部分もCFRP化されている。

 


●“正常進化”の主眼は熱害対策


 もともとこの新規定で採用されている多くの共通パーツはFRを前提としているもので、ホンダはミッドシップのNSXコンセプト-GTの製作にあたり多くの技術的チャレンジを要求されている。特に第2戦富士では、坂東代表の説明にもあったとおり、ターボエンジンの熱害に起因するトラブルに悩まされた。

 ミッドシップ車はリヤにエンジンを搭載するため、FR車に比べ熱を冷やすための空気が取り入れづらく、熱害、冷却に関するトラブルはNSXコンセプト-GTに多く発生。安全機構が作動し相次いでコース上にストップし、冷ませば安全機構が解除され動き出すといった状態が見られた。当然、エンジンを安全に動かすためにライバル同様パフォーマンスを出し切ることが難しく、スピード不足の一因となっていた。

第4戦SUGO ホンダNSXコンセプト-GTには排熱用のパイプが見られる

 これに対し、GTアソシエイションでは第4戦SUGOから、“正常進化”という形でフロントグリル、リヤバンパー、リヤウインドウの開口部の拡大・追加エンジン吸気ダクトのレイアウト変更、エキゾーストパイプ冷却ダクトおよびターボ冷却ダクトの大型化リヤウインドウのCFRP化を認める変更を行った。今季からのGT500規定では一度シーズン前にホモロゲーションを受けた後は、ボディに改良を行うことは認められておらず、この改良の許可は、新規定GT500の初年度ならではのものと言えるだろう。

「インタークーラーの位置も大きさも、メーカーも変わっています。これがどれくらいの効果があったのか。本来であれば、今回のSUGOがもっと暑ければきちんとした結果がどうだったのか出たと思いますけど、あの天気ではそれがなかなか出てこなかった」

第4戦SUGO ホンダNSXコンセプト-GTにはグリルに開口部が設けられている。

 


●BoPの変更は3メーカーの車両を再チェック


 一方、NSXコンセプト-GTについては、ハイブリッドユニット搭載分の70kgというBoPも変更されている。開幕当初は他車の1020kgに対し1090kgの最低重量が定められていたが、これが13kg軽減され、1077Kgとなった。これについても坂東代表は、その経緯を説明した。


「今までの調整と、70kgのウエイトの部分に関する慣性モーメントを、GT500クラスの3車すべて計りました。これは異例なことですが、ホンダの研究所の中にレクサスとニッサンのマシンを持っていき、ホンダ立ち会いのもとでNSXも含めてチェックししました」

「計算の仕方とかが違うので、こちらで判断して均等になるよう行いました。その結果として、今まででの慣性モーメントやハイブリッドの回転数、モジュールの計算も含めてやった結果、マイナス13kgというものが数字上に出てきて、今回のBoPになりました」



私が思うこと…


 今回の見直しは、レースを安全に行うために必要なことであります。 春季の富士戦では冷却(熱対策)、が上手くいかない環境下NSXコンセプト-GTに熱害が多く発生してコース上に頻繁ストップしたのは、安全機構が正しく作動が出来たからで…前戦までの規則では、特に夏の鈴鹿1000キロでは、頻繁に止まり中には止まった場所が悪い場合はイエローフラッグが出たり安全機構がトラブルを起こし正しく作動が出来なかった場合…最悪の場合だか車両火災が5台のNSXコンセプト-GTに起これば5回もセフティーカーが投入してレースの進行が乱れるだけではなくドライバー(選手)の生命に関わる事態にも成りかねない事から今回の改正は適切である。



菅生決勝でNSX復活初の表彰台3位KEIHIN NSX CONCEPT-GT