スポンサードリンク

AUTOSPORT 元


 スーパーGT第4戦は20日、宮城県のスポーツランドSUGOで81周の決勝レースが行われ雨が降ったり止んだりを繰り返す不安定なコンディションの中コース上に留まり続けた立川祐路/平手晃平組ZENT CERUMO RC Fが2番手以下に1分20秒の差をつけ優勝を飾った。

 午前中に降り続いた雨も止み路面は少しずつ乾き始め、多くの部分にウエットパッチが残りながらもレコードライン上はドライ。全車がスリックタイヤを履いて3周のフォーメーションラップがスタートしていった。しかし、フォーメーション2周目になんと細かな粒の雨がSUGOに降り注ぎ始める

第4戦SUGO ニッサン勢はS Road MOLA GT-Rの7位が最上位となった。

 スタート直後、RAYBRIGに一気に襲いかかったのはKeePer TOM’S RC F、ZENT CERUMO RC F、ENEOS SUSTINA RC Fといったレクサス勢。コース上はかなりスリッピーな状況だったが、RAYBRIGを一気にかわすとレクサスがトップ3を占めることに。一方、ウエットタイヤを装着したマシンのタイムが気になるところだが、なかなかスリックとウエットのタイムが入れ替わる、チェンジオーバーは起きない。そうこうするうちに、10周に満たないあたりで雨は止み、スリック勢のタイムが向上。ウエットを装着した組はあえなく再びスリックに交換することになってしまった。

第4戦SUGO ZENT CERUMO RC FとS Road MOLA GT-R

トップ3はルーティンストップを終えてもポジションの変動はなく、昨年のSUGOで苦杯をなめたZENT CERUMO RC Fがトップのまま終盤戦を迎えていく。しかし、63周あたりから再びSUGOには雨が降り出す。少しずつ路面は濡れはじめ、一気にスリッピーになっていった。これを見てDENSO KOBELCO SARD RC F、カルソニックIMPUL GT-R、そして3番手を走っていたENEOS SUSTINA RC Fらがピットに向かい、ウエットタイヤに交換する。数周は完全にウエットの方がラップタイムが10秒ほど速かったが、トップのZENT、そして2番手KeePerはコース上にステイ。

ここまで苦戦をして来て表彰台3位でレースを終えて一息のKEIHIN NSX CONCEPT-GT

そんな中、スリックでコース上に留まっている中で図抜けた速さで追い上げをみせてきたのは、塚越広大駆るKEIHIN NSX CONCEPT-GT。PETRONAS、そしてウエットを履くENEOSを相次いでかわすと、1周4〜5秒違うラップタイムで2番手KeePerとの差を詰めていった。

 一方、塚越の目前を走っていたのは、KEIHIN含め13台をラップダウンにし、ウエットながらしっかりとコースに留まり続けた立川祐路駆るZENT CERUMO RC F。他のマシンが複数回ピットに入るような展開の中、ルーティンの一度のみのピットストップで、序盤に平手が築いたマージンをしっかりと活かし今季初優勝。昨年の借りを返す勝利を飾ってみせた。



GT500 Class

No.1 ZENT CERUMO RC F

 

「今日はチームの総合的な力で勝った」

立川祐路

昨日は霧で予選ができなくて、その分、今日はタイトなスケジュールで大変でしたが、優勝できて嬉しいです。昨日の走り始めから、ウェットはバランスがあまり良くなくて…。でも降ってくれば悪くはなかったし、決勝のように少し濡れただけならドライでも問題なかった。だから優勝できたのはコンディションにピッタリはまったから。これが大きかったですね。
決勝はスタートから平手(晃平)が良い走りでリードを築いてくれました。スタートから雨が降り始めて、周囲がレインタイヤに交換していく中、チームの(タイヤ交換の)判断も絶妙でした。だから後半を走った僕は、本当にただ走っただけ。そんな感じでしたね。でも終盤にまた降って来た時には、神経を集中して走る必要がありました。結果的にラッキーだったところもありましたが、僕も平手もがんばったし、チームの判断も素晴らしかった。だからチームの総合的な力で勝った、と。ラッキー(だけ)じゃなかった、と思います。
個人的には今回で(通算勝利数が)16勝ですか? 最大の目標はタイトルですが、優勝が増えることは、それだけタイトルに近づくこと。だから本当に嬉しいです。去年もそうでしたが前半戦はなかなか好結果が残せず、(第6戦富士の)優勝をきっかけにポイントを稼いで、後半戦ではタイトル争いに加わった。だから今年も(シーズン)後半勝負の作戦で行きます。

 

「ハラハラしたのも事実だが、立川さんを信頼していた」

平手晃平

変則スケジュールになって、予選は立川(祐路)さんが1人で走ったんですが、苦戦しましたね。決勝での作戦について立川さんはチームの判断が絶妙だった、と言ってますが実は判断が少し遅れたんです(苦笑)。で、スタートでタイヤ交換にピットインしたクルマも多かったんですが、(判断が)遅れた僕たちはステイ(待機)する作戦になった。もちろん、ピットでは今後の天候だとかを予測しながらステイする判断を下したのですが、それが結果的には大正解でした。
決勝ではクルマのバランスも良くて、前にいるRC Fをオーバーテイクしていくうちにポジションも上がっていき、普通に走っていればギャップが大きくなって行きました。ただ、いつ降り始めるか分からなかったので、それまでにできるだけギャップを築いておこうとプッシュして、結果的に20秒くらいのマージンを稼いで立川さんに繋ぐことができました。天候がどうなるか分からず、最後までハラハラしたのも事実ですが、20秒ものギャップがあったら立川さんがスピンするはずないと思って(彼を)信頼していました。
チームの判断だけでなく、素晴らしいタイヤを用意してくれたブリヂストンにも感謝したいです。生まれたばかりの僕の息子にも、大きなプレゼントをすることができ嬉しいですね。今回の優勝で次回の富士では燃料リストリクターの制限が厳しくなりますが、富士は得意なコースなので、シリーズ後半戦で巻き返すためにも、ぜひとも表彰台には乗りたいと思います。