スポンサードリンク

AUTOSPORT 元


スーパーGT第4戦は20日、宮城県のスポーツランドSUGOで81周の決勝レースが行われ、雨が降ったり止んだりを繰り返す不安定なコンディションの中GT300クラスは織戸学/青木孝行組マネパ ランボルギーニ GT3が優勝を飾った。

 午前中に降り続いた雨も止み路面は少しずつ乾き始め、多くの部分にウエットパッチが残りながらもレコードライン上はドライ。全車がスリックタイヤを履いて3周のフォーメーションラップがスタートしていった。しかし、フォーメーション2周目になんと細かな粒の雨がSUGOに降り注ぎ始める。

 これでいち早くピットインの決断を下したのは、予選2番手スタートのSUBARU BRZ R&D SPORT。また、Studie BMW Z4、OGT Panasonic PRIUSらがフォーメーションラップ中にピットに入り、ウエットタイヤを装着。また、その他にも多くのマシンがスタートと同時にピットに入っていった。

マネパ ランボルギーニ GT3 ランボが06年以来の勝利

混乱に乗じて予選8番手から浮上した安岡秀徒駆るWAKO’S Exe Aston Martinが10号車、11号車をかわしていく。ただ、アストンは11号車SLSをかわそうとする際に11号車に接触。11号車は右フロントを壊しリタイアに追い込まれてしまった。

GAINER Rn-SPORTS SLS、IWASAKI apr GT-Rと続く展開に。しかしこの2台がバトルを展開しやや接触する間に、背後につけていた国立音ノ木坂学院NACポルシェwith DR、マネパ ランボルギーニ GT3が2台をパスしていった。

 各車がルーティンストップを終える中で、トップに立ったのはマネパ ランボルギーニ GT3。ポルシェはペナルティ等もあり後退してしまい、WAKO’S Exe Aston Martinはピット作業に時間がかかってしまい、後半スティントでIWASAKI apr GT-Rにもかわされてしまった。

第4戦SUGO LEON SLSとAudi R8 LMS ultra

マネパ ランボルギーニ GT3を駆る織戸は馬の背でコースアウトを喫してしまうが、なんとかリードを守りきったまま復帰。その後は危なげなくトップを守りきり、見事優勝を飾った。JLOCのランボルギーニが優勝を飾ったのは、2006年第1戦鈴鹿で桧井保孝/マルコ・アピチェラ組ムルシェラゴが優勝を飾って以来。織戸、青木にとってもひさびさの勝利となっている。




GT300 Class

No.88 マネパランボルギーニ GT3

 

「無交換作戦を可能にしたヨコハマさんのタイヤに感謝」

織戸 学

僕たちにとっても久しぶりの優勝ですが、チームにとってはもっともっと久しぶりの優勝ということで、本当に嬉しいです。勝因ですか? 自慢話になるので大きな声では言えませんが、今日の優勝はラッキーでした(苦笑)。ともかく、久々に優勝できて嬉しいです。
ランボルギーニで勝てたことが嬉しいし、青木(孝行)とのコンビで勝てたことがもっと嬉しい。一緒に勝とうと思って続けてきた甲斐がありました。タイヤを無交換で行くという作戦もピッタリはまったし、それを可能にしたヨコハマさんのタイヤにも感謝です。鈴鹿の(公式)テストで良いタイヤを見つけて、それが今回の優勝に繋がった。チームにも青木にも、そしてヨコハマさんにもスポンサーさんにも感謝ですね。
魔物が棲むと言われるSUGOですが、今日は僕たちに絶世の美女がほほ笑んでくれた。SUGOの天使が降りてきてくれた。そう思っています。これで次はウェイトハンディを載せることになるし、次回の富士はもともとランボルギーニが苦手としているコース。だから決して楽な戦いになるとは思わないけど、1回勝つと流れに乗ることができる、と言われているので、ぜひとも流れに乗って表彰台には乗りたいです。

 

「次回の富士でもきっちりとゴールし、結果を出したい」

青木孝行

予選は織戸さんと交替で走っていますが、今回はワンデーのスケジュールで、予選は1セッションのみとなったので、僕が走ることになりました。ウェットで始まったんですが、コースが少しずつ乾いていく状況だったから、最後の1周が勝負、と思っていました。でも、インターミディエイトのおいしいところを使いきってしまい、9位に甘んじることになってしまいました。
予選の直後は悔しさもありましたが、決勝では結果的に、それが良かったのかもしれないですね。周囲がドタバタしている中で落ち着いてスタートを切ることができましたから。そして落ち着いて走っているうちに周りがとっちらかっていって、気が付いたら2位になっていました。2位で織戸(学)さんに繋いで、タイヤ無交換でピットアウトしてトップを逆転できました。あとはペースを落とさない織戸さんにハラハラドキドキしながらピットでモニターを見っていました。
織戸さんとコンビを組んで3年目になりますが、このコンビでの優勝はもちろん初めてです。2人とも、前回の優勝はいつだったのか、とっさには答えられなくて、調べないと分からないくらい。2人共に2009年に5年ぶりで久々の優勝ですか。これで流れに乗って行けたら、と思います。もちろん次回の富士でもきっちりと戦ってゴールし、結果を出したいですね。