スポンサードリンク

PETRONASが雨の予選を制しSGT第4戦のPP獲得


 スーパーGT第4戦は20日、前日霧のため中止となった公式予選が行われ、GT500クラスはPETRONAS TOM’S RC Fがポールポジションを獲得GT300クラスはGAINER Rn-SPORTS SLSがポールポジションを獲得した。

 前日の公式予選が立ちこめる厚い霧のため中止となり、もともと予定されていた日曜朝のフリー走行の時間を使い行われた公式予選。予選形式は変更され、通常のノックアウト予選からどちらかいずれかのドライバーが出走し、予選基準タイムを記録すれば予選通過に。GT500、GT300とも各チームのエースドライバーをコクピットに据え午前9時5分からの予選に臨んだ。

昨日の練習走行からトップタイムを出し...今日の予選ではPP獲得

 9時5分からのGT300クラスのアタックが終わり、9時30分になるとGT500クラスのマシンが続々とコースインしてくる。GT300の予選中はスピンやコースアウトはほとんどなかったが、GT300の予選終了後コース上にOGT Panasonic PRIUS、OKINAWA IMP・RUN UP GT-Rが相次いでストップ。このため赤旗中断となり、GT500車両は一度コースインした後、すぐにピットに戻っている。

熱害対策の効果...ホンダとしては久々のフロントローからスタートする。 予選結果は小暮選手の頑張りがあり2位から36号車を狙う!!

 セッションは9時40分に再開となるが、この時点で天候はかなり好転。レコードライン上はさすがに水は残っているものの、メインストレート上では濡れたラインを選ぶマシンも出はじめる。そんな中、まずはブリヂストン装着のレクサスRC F勢が上位を占めていく。また、ブリヂストン装着の中で素晴らしいアタックを展開していったのは、小暮卓史駆るRAYBRIG NSX CONCEPT-GT。唯一レクサス勢に食い込むタイムをマークしていった。

序盤からトップタイムをマークしていったPETRONAS TOM’S RC Fの一貴は、終盤にさらにタイムを削ったことで、ポールポジションの座を不動のものに。前週スーパーフォーミュラ第3戦富士で優勝を飾り、ル・マン24時間での不運を完全に払拭している一貴がPETRONAS TOM’S RC Fにポールをもたらした。2番手には、ひさびさに小暮が“らしい”アタックをみせたRAYBRIG NSX CONCEPT-GTがつけ、ホンダNSXコンセプト-GTは今季初めてフロントロウを獲得した。

昨日の練習走行では2度のコースオフを・・・予選13位スタート



雨でDLが快速披露。#10 GAINERの山内がPP獲得


 23台のGT300クラス車両が走行を重ねるにつれ、レコードライン上の水も少なくなりはじめ終盤に向けタイムが向上し始める。この状況の好転にともないタイムを上げてきたのがブリヂストン、ヨコハマ装着のマシンたち。続々とタイムが塗り替えられていくが、ダンロップ、ミシュラン装着の3台の優位は揺るがない。

第4戦SUGO GAINER Rn-SPORTS SLS PP獲得

 3台によるポールポジション争いとなったが、終盤1分27秒329というタイムをマークしたのは山内! タイム更新後の1コーナーで危うくコースアウトしかけるほどの渾身のアタックをみせ、殊勲のGT300初ポールポジションを獲得。佐々木もタイムを塗り替えようとするがわずかに及ばず2番手。平中が3番手となり、GAINERがポール、3番手という結果となった。

 4番手にはブリヂストン装着の中山友貴駆るMUGEN CR-Z GTがつけ、5番手には今回が今季スーパーGTデビューとなるヨルグ・ベルグマイスター駆るPUMA KRH PORSCHEがつけた。PUMA PORSCHEはヨコハマ勢の最速だ。81周の決勝レースは14時にスタートが切られる。



SGT_Drivers