スポンサードリンク


AUTOSPORT 元


 スーパーGT第4戦は19日、スポーツランドSUGOで午前9時から2時間の公式練習が行われ、雨が強さを増す中アクシデントが多発。荒れたセッションとなった。

 事前の予報どおり、朝から厚い雲に覆われ細かな雨が降り続くコンディションとなったスーパーGT第4戦SUGOの予選日。午前9時からスタートした2時間の公式練習でも完全に路面はウエットだったが、午後の予選に向け走行を重ねていった。


 ■ポイントリーダーのカルソニックが痛恨のクラッシュ

PETRONAS TOM’S RC F 練習走行タイムトップ

 今回のSUGOからGT500クラスでは、ホンダNSXコンセプト-GT勢の参加条件が変更となったが、このコンディション下でもっと重要になるのはスーパーGTならではと言えるタイヤメーカーによる差。コース上の水量によって得意なメーカーが異なる状況なのは事前に多くの関係者が予想しており、その点でも注目のセッションと言えた。ただスリッピーな状況でコースアウトやスピン等も多く見られ、開始から30分というところのS字でGT300クラスのWAKO’S Exe Aston Martinがコースアウト。芝生上でタイヤが空転してしまいストップし、赤旗が提示される。

 この赤旗再開後、一時雨は止むものの、開始から1時間を過ぎたあたりでかなり雨脚が強まり、4コーナーでカルソニックIMPUL GT-Rがコースアウト。なんとかバリアにクラッシュすることは免れたが、そのままストップしてしまい再び赤旗に。

荒天の中 ポイントリーダーカルソニックGT-RとレイブリックNSX この後カルソニックが馬の背でコースアウトすることに・・・

 終盤10分のGT500クラスの専有走行でも、かなりの水量がありタイムアップするマシンは現れず。ENEOS SUSTINA RC FやKEIHIN NSX CONCEPT-GT、カルソニックなどがコースアウトするシーンがあり、厳しい状況に。10時56分には、再びカルソニックが馬の背でコースアウト。今度はスポンジバリアにクラッシュしてしまい、3度目の赤旗に。そのままセッション終了となった。 


 ■連続ポールに向けSUBARU BRZ R&D SPORTが雨中の激走

荒天の中1番前が無限CRZ、2番目が??GT-R GT3、3番目はStudie BMW

小雨の中でスタートした練習走行まず1分30秒を切るターゲットタイムを出したのは、ポイントリーダーのNo.11 GAINER DIXCEL SLS(平中克幸)で1分29秒385。これに続いたのは、本来の調子が戻りつつある前戦2位のNo.61 SUBARU BRZ R&D SPORT(佐々木孝太)で、1分29秒409の2番手タイムを出すと、次の周には1分28秒395とタイミングボードのトップに立つ。GAINER DIXCEL SLSも28秒689とするが2番手。開始から20分過ぎにはSUGOを得意とするCR-Z GTの1台、No.0 MUGEN CR-Z GT(中山友貴)が1分29秒218で3番手に浮上する。

30分を過ぎたところで、No.50 WAKO’S Exe Aston Martin(加納正政樹)がS字コーナーの先でスピンしてコースアウト。大きなダメージはなかったが、コース復帰の際に滑る地面でタイヤが空回りして、スタック状態となる。車両が危険な位置にあるため早急な回収が必要と判断されて、赤旗が提示されて予選は一時中断となった。

連続ポールに向けSUBARU BRZ R&D SPORTが雨中の激走

残り1時間15分で予選が再開。この頃、雨が弱くなったこともあり、タイムが上がりだす。再開後、最初のアタックでSUBARU BRZ R&D SPORTの佐々木孝太が1分27秒139を叩き出す。残り60分、多くがセカンドドライバーの走行となるが、コースコンディションが良くなったか、タイム更新が進む。No.7 Studie BMW Z4(荒聖治)が1分28秒845までタイムアップ。セッション後半に入るとNo.3 B-MAX NDDP GT-R(ルーカス・オルドネス)が1分28秒373で2番手となるが、すぐにMUGEN CR-Z GT(野尻智紀)が1分27秒976で3号車の前に。
残り45分を過ぎるとまた雨が強くなり、各車のタイムは1分38〜43秒台とかなりダウンする。残り40分となってGT500クラスのNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信)がヘアピンで止まれずに直進。クラッシュには至らなかったが、これにより再度の赤旗/中断となった。7分ほどで再開となり、雨もまた少なくなる。だが、この後の10分間のGT300クラス占有走行でも上位陣にタイム更新はなく、GT300の走行は終了となった。
この練習走行でのトップタイムは、No.61 SUBARU BRZ R&D SPORTの佐々木孝太。前戦に次ぐ連続ポールポジションへの期待が高まる。また今季初ポール&初優勝を狙うNo.0 MUGEN CR-Z GT、第3戦のポールシッターNo.3 B-MAX NDDP GT-Rも好調さをうかがわせる走行となった。また、かなりのウェイトハンデを積むNo.11 GAINER DIXCEL SLSやBMW Z4勢も十分上位を狙える状況と言えよう。

 



 第4戦SUGO:公式練習結果



2014.07.19 Rd.4 公式練習:雨の走行でPETRONAS TOM’S RC Fトップタイム!GT300はまたもBRZだ!!

第4戦 スポーツランドSUGO : 公式練習レビュー 2014 AUTOBACS SUPER GT第4戦「SUGO GT 300km RACE」の予選日・練習走行が、7月19日午前、スポーツランドSUGO(宮城県)で行なわれた。あいにくの雨模様の中、GT50…